検索結果

元弘三年阿弥陀三尊板碑 (げんこうさんねんあみださんぞんいたび)


名称(事業名) 元弘三年阿弥陀三尊板碑
ふりがな げんこうさんねんあみださんぞんいたび
指定区分 県指定文化財 歴史資料
指定年月日 昭和27(1952)年 4月 1日
所在地(市町村) 南陽市松沢413
所有者(実施団体名) 八幡神社 (松沢部落管理)
概要
(活動状況等)
 南陽市松沢地区の松沢八幡神社参道入口に建つ。凝灰岩製。鎌倉幕府が滅亡した元弘三年(1333年)の年号があり、高さ1.79m、幅は基部で75.8㎝、厚さ30㎝。上に行くにつれて僅かに狭くなり、薄くなる。額部の突出は12㎝で、額部上部に二条の刻線がある。
 碑面の上部にキリーク(阿弥陀)、サ(観音)、サク(勢至)を薬研彫りし、その下部の中央に「元弘三年大歳癸酉十月廿日施主敬白」と刻まれ、その左右に4字ずつ4行に分けて、「光明遍照十方世界念佛衆生接取不捨」の偈頌が刻まれている。この偈頌の文言は『沙石集』にあり、光明遍く十方世界を照らし、念仏する衆生は一人も捨てることなく救うの意味で、原典は『観無量寿経疏』にあり、板碑によく刻まれる偈頌である。
問い合わせ先 社守(前宮司)

公開の有無:有
Tel:0238-40-2321