検索結果

正元元年大日板碑 (しょうげんがんねんだいにちいたび)


名称(事業名) 正元元年大日板碑
ふりがな しょうげんがんねんだいにちいたび
指定区分 県指定文化財 歴史資料
指定年月日 昭和27(1952)年 4月 1日
所在地(市町村) 南陽市竹原字光山寺二838-2
所有者(実施団体名) 七間地部落
概要
(活動状況等)
 鎌倉時代中期、正元元年(1259年)のもの。梨郷神社参道から西に入った如来堂境内に建つ。凝灰岩製。高さ2.57m、上部幅66.5㎝、下部幅81.8㎝、額部突出し18.2㎝、中央部厚さ25㎝である。
 碑面上部に五条の円い圏線(月輪(がつりん))を彫って光背を表し、その中に胎蔵界大日如来を表す「ア」の種字を薬研彫りで刻み、その下に見事な蓮座を配してある。その下に「正元元年大歳己未六月一日」の銘がある。県内板碑の中で最も古く、且つ優美である。
問い合わせ先 公開の有無:有