検索結果

生石板碑群 (おいしいたびぐん)


名称(事業名) 生石板碑群
ふりがな おいしいたびぐん
指定区分 県指定文化財 歴史資料
指定年月日 昭和28(1953)年 2月 20日
所在地(市町村) 酒田市生石字大森山164
所有者(実施団体名) 延命寺ほか
概要
(活動状況等)
酒田飽海地域には、約80基程の板碑がいくつかの支群に分かれて散在しているが、その中でも生石地区の延命寺周辺には35基の板碑が確認されている。造立期間は鎌倉時代末期の元亨2年(1322年)から応安5年(1372年)の50年間に集中し、とりわけ南北朝中期にそのピークが見られる。
生石板碑群の種子は、阿弥陀系が大半を占め、次いで地蔵、大日が多い。また、種子も一尊、二尊、三尊あるいは曼荼羅に配している板碑もあり、多種多様である。紀年銘板碑も16基を数える。
(当初は建造物として指定される。)
問い合わせ先 公開の有無:有