検索結果

永仁□年阿弥陀板碑 (えいにん□ねんあみだいたび)


名称(事業名) 永仁□年阿弥陀板碑
ふりがな えいにん□ねんあみだいたび
指定区分 県指定文化財 歴史資料
指定年月日 昭和28(1953)年 2月 20日
所在地(市町村) 南陽市池黒1512
所有者(実施団体名) 池黒財産区管理会
概要
(活動状況等)
 正慶二年(1333年)銘板碑の西側に並び建っている。凝灰岩製で、高さ2.7m、上部幅72㎝、下部幅1.06m。いわゆる置賜型の形状である。(頭部右側欠失。)碑面上部にキリーク(阿弥陀)を薬研彫りし、その下に「永仁■年二■■日」と刻まれている。本碑に刻まれている永仁(1293~99年)は鎌倉時代後期の年号である。
 池黒集落では、正慶二年銘板碑と共に「曾我の碑」と称し、旧五月二十七・八日のいわゆる「曾我の日」に供養を続けていたが、現在は六月の第一日曜日に執り行っている。
(当初は建造物として指定される。)
問い合わせ先 公開の有無:有