検索結果

稲沢番楽 (いなざわばんがく)


名称(事業名) 稲沢番楽
ふりがな いなざわばんがく
指定区分 県指定文化財 無形民俗文化財
指定年月日 平成14(2002)年 5月 17日
所在地(市町村) 金山町大字有屋
所有者(実施団体名) 稲沢番楽保存会
概要
(活動状況等)
番楽は中世から近世にかけて修験者が舞った神楽舞の1つで、稲沢番楽は分布の南限に当たる。式舞、神舞、武士舞、女舞、おかし舞など多様な曲目があり、舞の様式には能や猿楽のなごりが認められ、口上や歌詞が古風をとどめている。
現在は正月元日、町の中央公民館で新年の祝いと村祈祷を兼ねて舞われるほか、8月14日の龍馬山不動尊祭日に稲沢地区研修センターで舞われている。
問い合わせ先 公開の有無:有