検索結果

一里塚 (いちりづか)


名称(事業名) 一里塚
ふりがな いちりづか
指定区分 県指定文化財 史跡
指定年月日 昭和28(1953)年 2月 20日
所在地(市町村) 酒田市大町字大野
所有者(実施団体名) 山形県ほか
概要
(活動状況等)
酒田市大町大野の通称松山街道沿いにある。
以前はこの一里塚の所が、最上川を越えて、鶴岡に出る遊摺部道との交差点になっていた。現在は、遊摺部道は失われ、一里塚に立っている高さ117㎝の自然石を利用した道標に僅かにその名残を留めるに過ぎない。道標の上部に種子(しゅじ)「ジク(般若菩薩)」を刻み、下部に「右はぐろつるおか左まつやまきよ川宝暦四年甲戌初夏吉辰」の銘文が刻まれている。道標の西に少し離れて立つ榎は昭和40年代に植樹されたものである。
また、慶長6年(1601年)4月、最上義光が上杉領の庄内を攻めた時、その軍勢が川南から最上川を越えて酒田側に攻め入ったのが、この一里塚付近と伝えられ、「駆け上がりの一里塚」ともいわれている。近世交通に関する数少ない史跡である。
問い合わせ先 公開の有無:有