検索結果

土矢倉古墳群 (つちやぐらこふんぐん)


名称(事業名) 土矢倉古墳群
ふりがな つちやぐらこふんぐん
指定区分 県指定文化財 史跡
指定年月日 昭和33(1958)年 3月 4日
所在地(市町村) 上山市金谷311-1の内ほか
所有者(実施団体名) 山形県玉葉会(上山市)
概要
(活動状況等)
上山市街より蔵王へ向うエコーライン南側の老人ホーム長寿園敷地内にある。蔵王泥流層によって形成された台地上に東から西へ3基並んでいる。最も東に位置する1号墳は、径13m、高さ2.5mの円墳で周溝がめぐっている。内部主体は柱状節理による石英粗面岩を立て並べて側壁をつくり、4枚の平石をかぶせて蓋とした箱式石棺である。
2号墳は原形がすでになかったが、長軸17m、後円部の径10.7m、周溝から前方後円墳と推定され、葺石や円筒埴輪の存在が知られている。内部主体は1号墳と同様である。
最も西側の台地突端部に位置する3号墳は、径15.2m、高さ2.1mの円墳である。内部主体は破壊されていたが、箱式石棺とみられ、葺石・埴輪が認められる。土師器や須恵器の破片、鉄鏃、直刀片、漆塗りの編物片などの副葬品が出土した。およそ6世紀中葉より後半の古墳と推定される。
問い合わせ先 養護老人ホーム蔵王長寿園
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
Tel:023-672-0561