検索結果

菅沢古墳二号墳 (すげさわこふんにごうふん)


名称(事業名) 菅沢古墳二号墳
ふりがな すげさわこふんにごうふん
指定区分 県指定文化財 史跡
指定年月日 昭和48(1973)年 6月 11日
所在地(市町村) 山形市大字菅沢字山崎727-46ほか
所有者(実施団体名) 山形市
概要
(活動状況等)
山形市西南部に位置し、丘陵突端部にあり、3基の円墳からなる。2号墳は直径50m、高さ東側で6.6m、墳頂部は平坦である。二段築成で、周壕がめぐらされている。
昭和60~61年(1985~86年)に、山形市教育委員会によって墳丘部の発掘調査が行われた。墳頂部・墳丘中段および墳麗部に埴輪列がめぐり、円筒・朝顔型のほかに、家型・甲冑型・楯型・靭型・きぬがさ型などの器財埴輪や馬型などの動物埴輪も発見された。このうち、8点が県指定有形文化財(考古資料)に指定されている。
古墳時代中期(5世紀後半)の築造と推定されている。内部主体は未発掘であるが
、木棺直葬の可能性が高い。
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:菅沢古墳二号墳