検索結果

臥龍のマツ (がりゅうのまつ)


名称(事業名) 臥龍のマツ
ふりがな がりゅうのまつ
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和27(1952)年 4月 1日
所在地(市町村) 村山市大字大久保字下原乙216
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
臥龍型のアカマツの名木で、主幹は根周り2.5m、一回旋して斜上し、高さ約5mほどであるが、地表近くから出る大枝が四方に這い広がり、末端部が起き上がっている。枝張りは東西11m、南北18m位で、名声に背かない見事な松である。
その名は江戸時代から広く知られており、文人墨客の来訪があいついでいたことが、所有者の家に伝わる遺墨集からうかがえる。またこの松を写した版木が残されてあり、裏面には嘉永の墨書がある。版木の両袖には補足した部分が見られるが、そこには「安政二卯年谷地大工町田宮次三郎足之」と記されている。
問い合わせ先 公開の有無:有