検索結果

竹森のアベマキ (たけもりのあべまき)


名称(事業名) 竹森のアベマキ
ふりがな たけもりのあべまき
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和30(1955)年 10月 25日
所在地(市町村) 高畠町大字竹森字森山4677-1の内
所有者(実施団体名) 高畠町竹森区
概要
(活動状況等)
高畠町竹森地区にある白鬚神社の参道石段の両側に立つ、暖地系落葉高木のアベマキの巨樹である。2本のうち西側の1本は平成3年(1991年)春に枯れたため、伐採の措置がとられた。
残る東側の1本は根周り3.7m、幹囲3.25m、高さはおよそ18mで、全盛時の面影は全くない。枝はわずかに地上7mのところから南へ1本、その上3mのところから東方に1本の枝があるばかりで、あとは枝折れしたようである。
平成7年(1995年)、活性剤注入などの応急措置が施されたが、衰弱が目立ち、近い将来消滅の恐れがある。
問い合わせ先 公開の有無:有