検索結果

長町裏のエゾエノキ (ながまちうらのえぞえのき)


名称(事業名) 長町裏のエゾエノキ
ふりがな ながまちうらのえぞえのき
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 米沢市春日2-368-1ほか
所有者(実施団体名) 熊野大権現
概要
(活動状況等)
熊野堂の御神木エゾエノキは県内一の巨樹である。平成7年(1995年)並びに10年(1998年)の調査によれば、根周り9.53mで、西側の方は2mほどの崖地となり、道路に面して板状の根が出ている。主な枝は7本で、地上4.5mの上部から四方へ伸びている。小枝や葉の繁茂密度も正常で、壮年期を思わせる樹勢である。樹齢は320年か350年位と推定される。
葉の形、果実の色から、本樹はエゾエノキではなく、エノキであることが判明している。また、地元住民は信仰の対象として、石碑を建て保存に力を入れている。
問い合わせ先 公開の有無:有