検索結果

山楯の大ケヤキ (やまだてのおおけやき)


名称(事業名) 山楯の大ケヤキ
ふりがな やまだてのおおけやき
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 酒田市山楯字北山添63‐20
所有者(実施団体名) 大神神社
概要
(活動状況等)
 JR羽越本線砂越駅の東方約4km、酒田市(旧平田町)山楯の集落内にあるケヤキの巨樹で、高低差約4mの斜面に立っている。斜面下部の道路側から見ると、樹幹基部が二分して左右に広がり、その分岐部の奥から地下水が流出している。かつては村人が利用したため、「泉欅(すずけやき)」・「木股霊泉」と呼ばれ、長生の効があるとされたが、現在、この水は飲用されていない。
問い合わせ先 公開の有無:有