検索結果

妹背のマツ (いもせのまつ)


名称(事業名) 妹背のマツ
ふりがな いもせのまつ
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和31(1956)年 11月 24日
所在地(市町村) 南陽市宮内字高日向壱4069の内ほか
所有者(実施団体名) 南陽市
概要
(活動状況等)
宮内熊野神社の東側の道を北へ100m、集落の中を東へ折れ、80mほど登ると右側の台地に、柵を回した中に2本の見事な松がある。並立する2本は幹の下方、地上1m位で付着している。その根周り4.5m、幹囲は南側の方1.99m、北側の1本は2.35mである。高さは南側の1本は直立して15.8m、北側の方は斜めに立ち上がり、高さ9.5m、それから先は横になり、大きな枝が垂れ下がり、地面すれすれまで枝を張っている。
樹齢は250年位と推定されるが、環境並びに地区住民の協力による保存状態が良好である。
問い合わせ先 公開の有無:有