検索結果

子守堂のサクラ (こもりどうのさくら)


名称(事業名) 子守堂のサクラ
ふりがな こもりどうのさくら
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 平成25(2013)年 11月 29日
所在地(市町村) 白鷹町西置賜郡白鷹町大字鮎貝 他
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
白鷹町に残るエドヒガンの古木の一本。最上川の西岸、鮎貝八幡宮(鮎貝城跡)の西側にある。
 樹高、目どおり、根まわりともに指折りの巨木である。老木でありながら、坂道より見上げる姿は、大変見事である。樹高約4mの位置で二つの大きな枝に分かれ、上に延びる大きな枝から多くの枝分かれがあり、樹勢は旺盛である。
 この場所は鮎貝城跡の一角で、「子守堂」とは、昔桜の側に子守堂の祠を建てて籠守大明神を勧請したことに由来している。また、この地を治めた本庄家の子守にまつわる伝説が今も残っている。
 子守堂のサクラは目通り幹周7m、樹高15m近く、樹勢良く、最上川沿いの低地からよく目立つ位置にあり、春の開花時にはその姿が遠望できる。地域のランドマークの一つで、地域に親しまれた樹木である。

エドヒガン 一幹
(樹高14.51m、目どおり7.15m、根まわり10.30m)
問い合わせ先 公開の有無:無