検索結果

後庵ザクラ (ごあんざくら)


名称(事業名) 後庵ザクラ
ふりがな ごあんざくら
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 平成25(2013)年 11月 29日
所在地(市町村) 白鷹町大字鮎貝
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
白鷹町に残るエドヒガンの古木の一本。最上川の西岸、鮎貝八幡宮(鮎貝城本丸跡)の北側に位置している。
 民家の庭先にあり、すぐ脇は鮎貝城の空堀となっており、急激に落ち込んだ斜面となっている。主幹は、民家の地面よりも一段低い斜面より横向に生えている。
 主幹の一部は空洞化しているものの、太い幹は根元付近で急角度に曲がり、二本の枝から伸びる枝張りは立派で樹勢も旺盛である。
 鮎貝城の後側(北側)あった医者が「後庵」と呼ばれ、後庵の側にある桜ということでその名が付いたといわれている。
 後庵ザクラは目通り幹周5.1m、樹高15m近くあり、樹勢が良い。私有地にあるが花時には一般の人も多数訪れ、地域に親しまれた樹木である。 
問い合わせ先 公開の有無:無