ホーム > 県政情報 > 山形県警察 > 山形県警察について > 山形県警察の概要 > 活動紹介 > 警備艇「はぐろ」

更新日:2021年4月8日

ここから本文です。

警備艇「はぐろ」の概要について

警備艇「はぐろ」写真

はぐろ写真

主 な 任 務

沿岸警戒、海難事故防止の指導広報、海難救助活動

配置の経緯

昭和52年、警備艇「はぐろ」は本県警察に初めて導入され、酒田警察署に配備されました。

平成6年3月、FRP(強化プラスチック製)16m型の警備艇に更新されました。速力約30ノット。

平成27年3月、3代目となる現警備艇に更新されました。

アルミニウム製17m型、速力40ノットと高速化し、庄内沿岸における人命救助、密航警戒、レジャースポーツ事故防止広報等の各種水上警察活動を担っています。

性 能

主機関は1,101馬力エンジン2基を搭載、飛島まで約40分、鼠ヶ関まで約50分の所要時間で航行。

  • 最高出力 40ノット(74キロ)
  • 総トン数  19.0トン
  • 航海速力 37ノット(68キロ)

お問い合わせ

県警察本部広報相談課 

住所:〒990-8577 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-626-0110(代表)