ホーム > 県政情報 > 山形県警察 > 安心・安全情報 > 詐欺・悪質商法 > 定額給付金(10万円)支給に伴う特殊詐欺に注意!

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

定額給付金(10万円)支給に伴う特殊詐欺に注意!

コロナウイルス関連の特殊詐欺にご注意ください!!

特別定額給付金の給付を装った特殊詐欺に注意!

今後、特別定額給付金の給付を装った特殊詐欺が発生するおそれがあります。

市町村や総務省等が

  • ATMの操作をお願いすること
  • 給付のため手数料の振り込みを依頼すること
  • 住民の個人情報(世帯構成や生年月日、銀行の口座番号等)を電話や郵便、メールで問い合わせをすること

はありません。

不審な電話やメール等を受信した際は、最寄りの警察署にご連絡ください。

最新のコロナ関連の不審電話について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今後、不安や混乱に乗じた詐欺や悪質商法の多発が予想されます。

個人情報や口座情報を騙し取ったり、特殊詐欺に発展する可能性がありますので、不審な電話やメールを受け取った際には、最寄りの警察署にご相談ください。

不審電話事例一覧
事例 発生日時 場所 内容
1

3月末~4月上旬

県内

厚生労働省を名乗る者から

  • コロナの影響を調査している
  • 今なら返済不要の助成金がある

などと電話があった

2   他県

労働局職員を名乗る者から

  • コロナ対策で助成金が出る

などと電話があり、ATMコーナーに誘導された

3   他県

水道業者を名乗る者から

  • 水道管にコロナが付着しており、除去する必要がある

などと電話があった

4

  他県
  • 給付金10万円配布につき、お客様の所在確認
  • 詳細確認とお手続きは下記URLへアクセスしてください
  • お渡しの方法は銀行振込もしくは、係の者がマスクをつけて向かう場合もございます

などと給付を装う電話があった

5   他県

自治体職員を名乗る者から

  • 給付金の関係で口座に振り込むのでキャッシュカードを用意するように

などと電話があり、自宅を訪れた犯人からカードを騙し取られる

6   他県

親族を名乗る者から

  • コロナ関係の仕事をしていて書類を失くした。お金がない

などと電話があり、自宅を訪れた犯人から現金を騙し取られる

7 5月12日 他県

市役所職員を名乗る男から

  • コロナの給付金の手続きをします
  • キャッシュカードが古いので換えてください
  • 古いカードは預かります

などと電話があり、自宅に来た銀行員を名乗る男にキャッシュカードを手渡すと、教えた暗証番号を使われて現金が引き出された【100万円被害】