住宅の耐震改修工事 事例紹介

耐震改修工事は、部屋の使用制限はありますが、ほとんどは住みながら改修工事が可能です。 事例をご紹介しますので、ご自宅の耐震改修をご検討ください。

事例1 外壁の耐震壁と基礎をセットで補強した事例

総合評価点

▶改修前:0.42(倒壊する可能性が高い)
▶改修後:1.08(一応倒壊しない)

住宅概要

  • 建築年 昭和51年(1976年)
  • 1階    96.89㎡
  • 2階    53.83㎡
  • 延面積   150.72㎡

耐震補強工事概要

  • 耐震壁の設置:耐震ボード(かべつよし)
  • 基礎の補強(増打ち)

概算工事費 3,045,000円

<内訳>
  • 補助金   1,150,000円(高齢者世帯)
  • 自己資金  1,895,000円

※ 補助金はH29山形市の補助金を参考に算出しています。高齢者世帯8/12 上限115万円

jirei01.png

事例2 室内の既存壁に筋かいをバランスよく配置した事例

総合評価点

▶改修前:0.70(倒壊する可能性が高い)
▶改修後:1.10(一応倒壊しない)

住宅概要

  • 建築年 昭和63年(1988年)
  • 平屋建 93.16㎡

耐震補強工事概要

  • 筋かいの新設
  • 石膏ボード9.5mm
  • ビニルクロスで復旧

概算工事費 1,562,000円

<内訳>
  • 補助金 1,040,000円(高齢者世帯)
  • 自己資金  522,000円

※ 補助金はH29山形市の補助金を参考に算出しています。 高齢者世帯8/12 上限115万円

jirei02.png

事例3 開口の大きい縁側のサッシを一部ふさいで壁を新設した事例

総合評価点

▶改修前:0.68(倒壊する可能性が高い)
▶改修後:1.00(一応倒壊しない)

住宅概要

  • 建築年 昭和63年(1988年)
  • 1階    96.89㎡
  • 2階    39.75㎡
  • 延面積   136.64㎡

耐震補強工事概要

  • 耐震壁の設置:構造用合板12mm
  • 筋かいの新設 45×90

概算工事費 2,562,000円

<内訳>
  • 補助金   1,000,000円(一般世帯)
  • 自己資金  1,562,000円
  • 柱増設

※ 補助金はH29山形市の補助金を参考に算出しています。 一般世帯7/12 上限100万円

jirei03.png

事例4 工事金額をおさえた事例

総合評価点

▶改修前:0.58(倒壊する可能性が高い)
▶改修後:1.00(一応倒壊しない)

住宅概要

  • 建築年 昭和63年(1988年)
  • 平屋建 93.37㎡

耐震補強工事概要

  • 耐震壁の設置:構造用合板9mm
  • 筋かい45×90

概算工事費 740,250円

<内訳>
  • 補助金   431,000円(一般世帯)
  • 自己資金   309,250円

※ 補助金はH29山形市の補助金を参考に算出しています。 一般世帯7/12 上限100万円

jirei04.png

事例5 吹き抜け部の水平剛性を高めた事例

総合評価点

▶改修前:0.98(倒壊する可能性が高い)
▶改修後:1.10(一応倒壊しない)

住宅概要

  • 建築年 平成6年(1994年)
  • 1階    64.73㎡
  • 2階    60.59㎡
  • 延面積   125.32㎡

耐震補強工事概要

  • 吹抜け部火打ち金物設置:6ヶ所
  • 筋かい設置

概算工事費 905,000円

<内訳>
  • 補助金   527,000円(一般世帯)
  • 自己資金  378,000円

※ 補助金はH29山形市の補助金を参考に算出しています。 一般世帯7/12 上限100万円

jirei5.png