ホーム > 県政情報 > 知事室 > 知事の動き > 山形県政トピックス > やまがた県政トピックス

更新日:2021年7月6日

ここから本文です。

やまがた県政トピックス

このページでは、県政の様々な出来事を紹介していきます。

7月28日(水曜日)

豚熱の防疫対応への協力に対する知事感謝状贈呈式

豚熱の防疫対応への協力に対する知事感謝状贈呈式令和2年12月25日に鶴岡市で発生した豚熱の防疫対応にご協力いただいた数多くの関係者の皆様を代表して、庄内たがわ農業協同組合の太田代表理事組合長様に知事から感謝状を贈呈しました。

その後、当時の防疫対応の状況をはじめとして、今年の降雹・降霜による被害状況やコロナ禍における米を中心とした農作物の販売戦略など幅広く懇談しました。

当時、24時間体制で作業にあたっていただいた庄内地域の市町、JA、建設業等関係者の皆様にあらためて深く感謝申し上げます。

ページの先頭へ戻る

7月27日(火曜日)

山形県SDGs推進本部会議

山形県SDGs推進本部会議SDGs(持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない」ことを基本理念に掲げる、よりよい社会の実現に向けた世界共通の目標です。

本県では、古来より、自然と人間生活の調和を大切にする精神が脈々と受け継がれるとともに、学校給食や国民健康保険の発祥の地であるなど、先人たちがSDGsの理念を実践してきました。また、近年では、「やまがたウーマノミクス」や「やまがた森林ノミクス」の推進、第4次山形県総合発展計画へのSDGsの位置づけ、「ゼロカーボンやまがた2050宣言」など、SDGsに直結する取組みを進めています。

こうした中、全庁一丸となったSDGs施策の実施体制や情報発信を強化するため、「山形県SDGs推進本部」を設置することとし、本部会議を開催しました。

本部長である吉村知事は、「SDGs達成に向け、この本部のもとで県の施策を総合的に推進する。市町村や事業者、そして県民一人ひとりが当事者意識をもって取り組むことが重要であり、しっかりと連携した取組みをお願いしたい。」と、県民運動として展開していく考えを述べました。。

ページの先頭へ戻る

7月21日(水曜日)

「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部会議(山形市)

「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部会議山形県産「つや姫」及び「雪若丸」のブランド化を推進するため、農業団体、集荷・販売業者をはじめ関係分野の代表者や専門家が参集し、令和3年度第1回山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部会議が開催されました。

開会にあたり、本部長の吉村知事は「長引く新型コロナウイルスの影響により、厳しい販売環境ではありますが、本県産米の需要拡大に向け、「つや姫」「雪若丸」をけん引役として、「米どころ山形」の存在感を一層高めていくため、関係機関が一体となってブランド化を更に進め、高品質で美味しいお米を全国に届けてまいりたい」と挨拶しました。

その後、各委員からは、今後の生産方針やプロモーションの展開方向などについて幅広い意見や提言がなされました。県では、みなさんに美味しいお米をお届けできるように引き続き品質・食味の向上等に取り組んでまいります。

ページの先頭へ戻る

7月20日(火曜日)

やまがた社会貢献基金感謝状贈呈式

やまがた社会貢献基金感謝状贈呈式「やまがた社会貢献基金」にご寄附いただいたイオン株式会社様への感謝状贈呈式を行いました。式では、イオン東北株式会社の辻社長様から吉村知事に対して寄附目録が手渡されたのち、知事から感謝状を贈呈しました。その後の懇談では、東北6県のイオン系列店舗で県産養殖あゆの販売が開始されたことをはじめとして、県産のおいしい農水産物の販売や加工品への活用等について幅広く意見交換を行いました。

寄附の概要
寄附の種類:テーマ希望寄附

頂戴した寄附金については、今後、イオン株式会社様の「想い」の実現に向けて、希望テーマにあったNPO等の活動に使わせていただきます。

ページの先頭へ戻る

7月16日(金曜日)

災害時の避難所等における外部給電可能な車両からの電力供給の協力に関する協定締結式

災害時の避難所等における外部給電可能な車両からの電力供給の協力に関する協定締結式山形県と山形トヨタ自動車(株)、山形トヨペット(株)、トヨタカローラ山形(株)、ネッツトヨタ山形(株)は、「災害時の避難所等における外部給電可能な車両からの電力供給の協力に関する協定」を締結しました。

この協定は、災害時に停電が発生した場合に、避難所にハイブリッド車などの給電可能な車両を配備し、電力供給を迅速かつ円滑に実施することを目的とするものです。

普段とは全く違う環境での避難所での生活は、心身に大きな負担がかかります。
吉村知事は、「今回の協定締結により、避難生活での不安や負担を少しでも軽減できるものと期待しています。」と発言しました。

県では、今後も県民の皆さまの生命と生活を守ることを最優先に、関係機関と連携し、防災体制の一層の充実強化に努めてまいります。

ページの先頭へ戻る

7月15日(木曜日)

知事と若者の地域創生ミーティング in 尾花沢市

知事と若者の地域創生ミーティング in 尾花沢市サンビレッジ徳良湖オートキャンプ場管理棟内「Goose Cafe」で、尾花沢市内の若者6名と知事が対話する「知事と若者の地域創生ミーティング」を開催しました。

参加者からは、より良い地域づくりを目指して、「地元の良さや素敵な景色、残していきたい手仕事を伝えていくためのマルシェやイベント開催を推進してきたい」「廃校に人手不足の産業を手伝ってもらう方々のシェアハウスや子供の遊び場を作り有効活用してはどうか」など、さまざまな意見が寄せられました。

知事は「自然が豊かで、すばらしい歴史や文化がある。雪をプラスにして、自然、食べ物、文化などが好きな人に来てもらえるよう、皆さんがこの地域を良くしていっていただきたい。」と語り、地域での活躍を呼び掛けました。

ページの先頭へ戻る

7月11日(日曜日)

全国知事会議(県庁)

全国知事会「第25回新型コロナウイルス緊急対策本部」全国知事会「第25回新型コロナウイルス緊急対策本部」が開催され、吉村知事が参加しました。

吉村知事は、県内市町村や県民からワクチンの安定供給を強く求める声が上がっていることを伝えた上で、職域接種について医療従事者の確保などのため早期に見通しを示すことや丁寧な連絡調整がなされることを政府に対し求めました。

また、事業者向けが中心となっているコロナ支援策について、国民の命を支える農林水産業の維持継続に向け、生産者に対する支援の充実・強化を要請しました。

併せて、雇用調整助成金の特例措置の全国一律の適用や、臨時交付金の追加配分を政府に対し求めました。

今後も、全国知事会をはじめ、機会をとらえて政府へ要請していきます。

ページの先頭へ戻る

7月7日(水曜日)

新型コロナワクチン接種事業の実施に関する合同発表

県立病院はじめ、山形大学医学部や県医師会、県立保健医療大学、県看護協会、県薬剤師会は、山形県新型コロナワクチン接種事業の実施に関する合同発表を行いました。新型コロナワクチン接種事業の実施に関する合同発表

県内のワクチン接種の進捗につきましては、各市町村の精力的な取組みにより全国的にも高い水準を維持しており、今後は一般の方々への接種が本格化してまいります。

県としましても、ワクチン接種の加速化を図り、オール山形で重層的な接種機会を創出することで、県民の命と健康を守り、ひいては県内経済の早期回復につなげてまいります。

ページの先頭へ戻る

7月7日(水曜日)

新型コロナ対策応援金寄附者への感謝状贈呈

山形県新型コロナ対策応援金に寄附をいただきましたアリオンテック(株)様への感謝状贈呈式を行いました。新型コロナ対策応援金寄附者への感謝状贈呈

知事から感謝状を贈呈した後、新型コロナウイルスについて、ワクチン接種など、幅広く懇談されました。

いただいた応援金は、新型コロナウイルス感染症の影響により、解雇・雇止めされた方々への生活支援などに活用いたしました。

ページの先頭へ戻る

6月19日(土曜日)

全国知事会議(県庁)

6月19日(土曜日)に、全国知事会「第24回新型コロナウイルス緊急対策本部」が開催されました。0619chijikai

吉村知事は、ワクチンの確実な供給及び今後の供給スケジュールを早期かつ具体的に示すとともに、職域接種の要件を地方の実態に即し緩和することを政府に対し求めました。また、新型コロナによる影響が長引く中、結婚式場業者や業務用需要が減退している米の生産者など、これまで支援の手が届かなかった事業者・生産者への支援を政府に対し求めました。

今後も、全国知事会をはじめ、機会をとらえて政府へ要請していきます。

ページの先頭へ戻る

6月11日(金曜日)

第9回新型コロナ克服・創造山形県民会議(県庁)

20210611_souzou9回目となる新型コロナ克服・創造山形県民会議をオンラインで開催しました。

5月末以降、県内の新規感染者数は一桁の日が続き、感染状況が落ち着きを見せつつあります。また、高齢者へのワクチン接種も、7月末までの完了に向けて順調に進んでいます。その一方、N501Y株よりも感染力が強いとされるインド由来の変異株の感染が全国各地で確認され、引き続き注意が必要です。

こうした中、県内医療・福祉団体の代表、経済・産業界の代表など16名の方に参加いただき、標記会議を開催しました。

出席者からは、「教職員、保育士等への早期のワクチン接種が必要。」「県内経済団体が連携し、職域接種を検討していく。医療スタッフの確保など体制づくりにご協力いただきたい。」「世界に通用する接種証明(ワクチンパスポート)を作り、国内外に旅行ができる環境をつくるべき。」「感染に十分注意しながら、元の生活に戻す、経済を回すことに重点を置くべき。」など、様々なご意見をいただきました。

吉村知事は、「変異株を念頭に、引き続き感染対策に取り組むこと、ワクチン接種をさらに加速させることが重要。併せて、経済回復に向けた取組みをしっかり進めてまいりたい。」と発言しました。

ページの先頭へ戻る

6月10日(木曜日)

全国知事会(県庁)

20210610_chijikai全国知事会議がWEB開催され、吉村知事が参加しました。

吉村知事は、男女共同参画プロジェクトチームリーダーとして、「男女共同参画の推進に関する提言~ポストコロナ時代のジェンダー平等に向けて~」について説明しました。

また、今般の新型コロナへの対応を含め、今後も起こりうる感染症に迅速かつ適切に対応するため、医療従事者の確保や地方衛生研究所・保健所の体制強化が必要であることや、地方分散型の国づくりのためのデジタル環境の整備、地方における高等教育機関の充実の重要性について発言しました。

併せて、激甚化する自然災害に備えるため必要な事業予算・財源を当初予算において安定的に確保することや、高規格道路のミッシングリンク解消等に係る財源の増額、基本計画路線を含む全国新幹線ネットワークの充実・強化の加速について政府に対し強く提言するよう求めました。

今後も、全国知事会をはじめ、機会をとらえて政府へ要請していきます。

ページの先頭へ戻る

6月6日(日曜日)~7日(月曜日)

東京2020オリンピック 聖火リレー

6月6日、7日の両日、山形県内で57年ぶりの聖火リレーが行われました。6日は、西川町から山形市まで10市町で聖火がリレーされ、当日の最終ランナーである「YAMAGATAドリームキッズ」の皆さんによって、山形県総合文化芸術館の屋外特設会場の聖火皿に聖火が灯されました。seika2

東京2020オリンピック聖火リレー山形県実行委員会会長である吉村知事、東京2020組織委員会の遠藤利明副会長が挨拶し、最終ランナーの「YAMAGATAドリームキッズ」の皆さん、御来賓の坂本貴美雄山形県議会議長と一緒にフォトセッションを行いました。

聖火の到着を祝うセレブレーションは、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、関係者のみでの実施となりましたが、インターネットでのライブ中継を行い、多くの方々に御覧いただきました。

ページの先頭へ戻る

6月3日(木曜日)

令和4年度政府の施策等に対する提案(県庁)

令和4年度政府の施策等に対する提案県や県議会、市町村などで構成する山形県開発推進協議会(会長:吉村知事)が、「令和4年度政府の施策等に対する提案」に係る関係府省への提案活動をWEBにより実施しました。

吉村知事が坂本県議会議長とともに、丸川内閣府特命担当大臣(男女共同参画)、坂本内閣府特命担当大臣(地方創生・少子化対策)、葉梨農林水産副大臣及び小林国土交通大臣政務官に対し、山形県の総意として、主要な項目について提案を行いました。

御対応いただいた皆様から、本県の提案の趣旨、必要性などを御理解いただき、それぞれ前向きなコメントを頂きました。

提案の実現に向け、今後とも様々な機会を捉えて継続的に提案を行い、政府の施策等にしっかりと反映されるよう努めていきます。

ページの先頭へ戻る

6月1日(火曜日)

いじめ問題対策連絡協議会(県庁)

いじめ問題に県全体で取り組むため、関係機関及び団体の連携を図ることを目的とした「いじめ問題対策連絡協議会」を、オンライン参加を交えた形で開催しました。会議では、県の独自調査の結果や関係機関等の取組みが報告され、出席者からはijime

「思いやりの心を育てることが大切だ」

「子どもたちの関係が希薄になっていないか注視していきたい」

といった意見が寄せられました。吉村知事からは「皆さんと思いを一つにして、新しい時代を生きる子ども達が健やかに成長し、笑顔あふれた未来を送ることができるよう支えていきましょう。」との発言がありました。

今後も各機関との連携を強化し、いじめ防止に取り組んでまいります。

ページの先頭へ戻る

5月29日(土曜日)

新規採用職員2年目の集い(やまぎん県民ホール)

r2shinsaisyokuinnotudoiやまぎん県民ホールにおいて、新規採用職員2年目の集いを開催しました。これは、例年4月1日に県庁で行う新規採用職員辞令交付式が、昨年度は新型コロナの影響により開催できなかったことから、令和2年度新規採用職員が、同期の絆を深めるとともに、県職員としての自覚を強くし職務への意欲を高めることを目的として開いたものです。

当日は、2年目職員約130名が初めて一堂に会し、受付で検温・消毒を受け、約2千人収容の大ホールで十分な間隔を空けてマスクを着用して着席するなど、感染防止対策を徹底した上で実施しました。吉村知事は、参加者に対し「県民のための県政であることを決して忘れず、コロナに負けず一緒に頑張りましょう」と激励しました。令和3年度の新規採用職員については、6月第1週に開催予定です。

ページの先頭へ戻る

5月26日(水曜日)

全国知事会「第23回新型コロナウイルス緊急対策本部」(県庁)

20210529chijikai全国知事会第23回新型コロナウイルス緊急対策本部が開催され、吉村知事が参加しました。

吉村知事は、ワクチンの大規模接種や、職場・学校での接種など実効性ある接種体制について早期に制度の詳細を示すよう政府に対し求めました。また、児童生徒との接触が避けられない教員や保育士などへの優先接種についても柔軟に認めるよう発言しました。

そのほか、長引く新型コロナの影響から、特に需要が減退している主食用米をはじめとした農林水産物の生産者への支援の必要性について発言したほか、事業者支援として新たな持続化給付金の実施や、雇用調整助成金の特例措置を全国一律に適用するよう政府に対し求めました。

今後も、全国知事会をはじめ、機会をとらえて政府へ要請していきます。

ページの先頭へ戻る

5月10日(月曜日)

市町村長会議(Web会議:県庁)

20210510sicyousonWeb会議により、県と市町村との行政課題に係る市町村長会議が行われました。

はじめに、吉村知事から新型コロナ対策及び令和3年度の県政運営について、関係部局長から各分野の主要な施策について説明を行いました。

その後、各市町村長と吉村知事が、新型コロナ対策、子育て支援施策、地域医療施策、移住定住促進に向けた住宅整備、治水対策など、現下の様々な課題について意見交換を行いました。

吉村知事は、「今後の県政運営に向けて、県と市町村がしっかりと連携して、県民一人ひとりが幸せに育ち、幸せに暮らせる山形県をつくっていきたい」と述べました。

ページの先頭へ戻る

5月10日(月曜日)

全国知事会「第21回新型コロナウイルス緊急対策本部」(県庁)

20210510chijikai全国知事会「第22回新型コロナウイルス緊急対策本部」が開催され、吉村知事が参加しました。

吉村知事は、ワクチン接種がコロナ克服・経済再生の起爆剤になるため、ワクチン接種を前倒しで進めることへの期待と、市町村から供給日の明示を求める声があることについて発言しました。

また、厳しい状況に置かれている事業者を支援するため、業種や企業規模なども勘案した新たな持続化給付金の必要性について発言したほか、段階的な縮減の方向が示されている雇用調整助成金の特例措置について、コロナが収束するまでは全国一律に適用するよう政府に対し求めました。

今後も、全国知事会をはじめ、機会をとらえて政府へ要請していきます。

ページの先頭へ戻る

 

2021年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

2020年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

お問い合わせ

総務部広報広聴推進課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号