ホーム > 高校生の自転車マナーについて

更新日:2020年10月21日

ここから本文です。

高校生の自転車マナーについて

ご意見

 山形駅南側の道路を毎朝通勤で利用していますが、並列や斜め横断、登校中の小学生の列に入り込むなど高校生の自転車交通マナーが良くありません。高校における自転車通学の安全指導を実施してください。  (2020年9月23日)

県の取組状況

 自転車乗車については、生徒一人一人が交通社会の一員としての責任を自覚し、交通安全意識を高め交通マナーを身につけることが重要です。
 県では、中学生・高校生向けの自転車交通安全教材の作成や、警察・自動車教習所と連携した自転車安全教室の実施、学校安全指導者研修会、交通安全担当教員を対象とした研修会の開催などにより、交通安全教育の充実を図っているところですが、この度の御意見を踏まえ、該当箇所を通学の経路とする公立・私立高等学校に対して、自転車の交通マナーの徹底について改めて指導したところです。
 今後も、交通安全教育の充実に努め、高校生の交通社会の一員としての自覚を促し、交通マナーの向上に取り組んでまいります。(2020年10月13日 実施中・実施済) 

( 総務部 学事文書課 教育庁 スポーツ保健課 )