更新日:2020年10月30日

ここから本文です。

環境にやさしい料理レシピコンテスト2020inやまがた

日本での食品ロス(まだ食べられるのに廃棄されている食品)は、1日1人当たりお茶碗約1杯分(約132グラム)、1年間で約612万トン、そのうち約半分(約289万トン)は家庭からのものと言われています。※令和2年4月農林水産省資料より

山形県では、家庭系一般廃棄物の排出抑制を図るため、家庭における食品ロスの削減やごみ減量につながるエコレシピを広く募集する「環境にやさしい料理レシピコンテスト」を毎年度開催しています。

環境にやさしい料理レシピコンテスト2020inやまがた人気投票結果について

結果発表について

今年度は6月5日から7月24日にレシピの募集を行い、8月20日から9月10日に人気投票を実施しました。

このたび、人気レシピ8点が決定しましたのでお知らせします。

2020(令和2)年度人気レシピ一覧(PDF:318KB)

なお、人気レシピのうち、グランプリ受賞作2点については、「令和2年やまがたオンライン環境展」特設Webサイトにて調理実演動画を公開していますので併せてご覧ください。

令和2年やまがたオンライン環境展」特設Webサイト(外部サイトへ移動します)(外部サイトへリンク)

人気レシピ集の作成について

このたび決定した人気レシピ8点に、公益社団法人山形県栄養士会オリジナルレシピ2点を加えた計10点のレシピをからなる人気レシピ集を作成しました。

ぜひご家庭でご活用ください。

2020(令和2)年度人気レシピ集(PDF:3,882KB)

(参考)人気レシピ集バックナンバー

これまでに開催した当コンテストの人気レシピ(入賞レシピ)と公益社団法人山形県栄養士会作成レシピ(注)を掲載した「人気レシピ集」です。「食べてみたい!」「作ってみたい!」「ごみが減る!」と思われるユニークなアイディアが満載ですので、ぜひこちらもお試しください。

(注)公益社団法人山形県栄養士会作成レシピについては2018年度以降のレシピ集より掲載

環境にやさしい料理レシピコンテスト2020inやまがた人気投票の実施について(終了しました)

令和2年6月5日から7月24日に「環境にやさしい料理レシピ」を募集したところ、たくさんの方からアイデアレシピをご応募をいただきありがとうございました。

このたび、書類審査を通過した中からグランプリ及び各賞を決定するため、人気投票を開催します。

投票いただいた方の中から抽選で、受賞レシピを掲載した「人気レシピ集」を進呈しますので、「食べてみたい!」「作ってみたい!」「ごみが減る!」と思うレシピにぜひ投票してください。

(参考)人気投票開催チラシ(PDF:1,601KB)

1 投票方法

次の投票基準に基づいて、「素材まるごと活用部門」「リメイク料理部門」で、それぞれ最もよいと思うレシピ1点に投票してください。

<人気投票対象レシピ>(PDF:3,686KB)

投票基準

  • ごみ減量につながること
  • 家庭で簡単にできること
  • おいしそうで作ってみたくなること
  • 新しいアイディア、創意工夫があること

1投票期間を通して各部門1人1回(複数回投票があった場合は初回)のみ有効です。
2投票は、上記電子投票又は県庁および各総合支庁(本庁舎)ロビーに設置した投票所備え付けの投票用紙による投票のいずれかが可能です。(重複投票があった場合は先に投票のあった方を有効とします)

2 投票期間

令和2年8月20日(木曜日)から令和2年9月10日(木曜日)まで

3 結果発表

人気投票の結果、得票数の多い順にグランプリ、準グランプリ、ごみゼロくんいちおし特別賞を選出します。
投票結果は、10月下旬頃県ホームページ及び「やまがたオンライン環境展」特設サイトでの発表を予定しています。

  • グランプリ(各部門1名)副賞:米沢牛ギフトカタログ
  • 準グランプリ(各部門1名)副賞:新米つや姫、新米雪若丸(各5kg)
  • ごみゼロくんいちおし特別賞(4名程度)副賞:山形県産品ギフトカタログ

4 人気レシピの紹介

受賞レシピを掲載した「人気レシピ集」を作成・配布するとともに、一部レシピは、やまがたオンライン環境展特設サイト上で実演動画を公開する予定です。

環境にやさしい料理レシピコンテスト2020inやまがたレシピ募集について(終了しました)

日本での食品ロス(まだ食べられるのに廃棄されている食品)は、1人1日当たりお茶碗約1杯分(約132グラム)、1年間で約612万トン、そのうち約半分(約289万トン)は家庭からのものと言われています。※令和2年4月農林水産省資料より

山形県では、家庭系一般廃棄物の排出抑制を図るため、家庭における食品ロスの削減やごみ減量につながるエコレシピを広く募集します。入賞レシピ応募者には、副賞として豪華県産品が進呈されますので奮ってご応募ください。

おいしい山形の食材を無駄なく使ったレシピや、おうち時間を活用して編み出されたリメイクレシピ等、たくさんのご応募をお待ちしております。

募集概要

環境にやさしい料理レシピコンテスト2020inやまがた実施要領(PDF:222KB)

1 募集部門

  1. 素材まるごと活用部門
    野菜の皮を使った料理、皮のついた野菜を丸ごと使った料理等、通常捨ててしまいがちな食材を一つ以上使った料理のレシピ
  2. リメイク料理部門
    定番料理にアレンジを加えて、新しいメニューに作り替えた料理のレシピ

2 応募の要件

以下の内容をすべて満たすレシピであること

  1. ごみ減量につながる料理のレシピ
    (食材を無駄なく使った料理、食べきれなかった料理を作り替えた料理等)
  2. 一般家庭で作ることができる料理のレシピ
  3. 他のコンテスト、インターネット等で未公表のレシピ

じゃがバター等皮ごと使うのが一般的なレシピや、芋煮の残りにうどんを入れた芋煮うどん(鍋の締め料理)等の定番レシピは除く。

なお、次のような場合には、書類審査で「募集の要件を満たしていない」と判断されることがありますのでご注意ください。

  • 具体的に「通常は廃棄される部分」が含まれていないレシピ、単に余った食材を消費するためのレシピ
    例)多く買ってしまったキャベツの大量消費レシピ、煮物を作って余った大根で作るレシピなど
    ⇒もともと廃棄することが想定されていないので、ごみ減量につながるレシピにはあたりません。
  • 一般的に捨てられていないものを活用したレシピ
    例)ナスを皮ごと食べられるレシピ
    ⇒嗜好はありますが、通常ナスの皮は捨てずにそのまま使うと考えられることから、ごみ減量につながるレシピにはあたりません。
  • 最終的にごみの減量に結び付いていないレシピ
    例)スイカの中身をくりぬいて、皮を器として利用したレシピ
    ⇒食べ終わった後、最終的に皮を捨てるのであれば、ごみ減量にはつながらないと考えられます。

3 応募資格

日本国内在住の方

4 募集期間

令和2年6月5日(金曜日)から7月24日(金曜日)まで※当日消印有効

5 応募方法

応募用紙に必要事項を記入の上、料理の完成写真を添付して下記応募先に電子メールまたは郵送によりご応募ください。

6 応募先及び問合せ先

株式会社ハイスタッフ内環境にやさしい料理レシピコンテスト事務局
〒990-2422山形県山形市中桜田1-7-23
TEL:023-632-6030FAX:023-632-6032電子メール:eco@highstaff.co.jp

7 その他

応募があったレシピについては、県は下記の点について応募者から了承があったものとみなして取り扱うものとします。

  1. 応募レシピ等(写真を含む。)の著作権は、県に帰属するものとし、食品ロスの削減の推進のために活用します。
  2. 書類審査を通過した応募レシピは、読みやすさ等を考慮し、必要に応じて県が編集した上で、県ホームページ、配布物等に掲載します。レシピ、写真及び応募者氏名のイニシャルのみを掲載を基本としますが、入賞レシピについては、コンテストの結果発表に際し、応募者の氏名、居住市町村、在学校名を掲載します。
  3. 応募用紙中「レシピサイトクックパッドへの掲載」欄において、「掲載可」を選択しているレシピについては、レシピサイト「クックパッド」の「消費者庁のキッチン」ページに掲載する場合があります。
    「消費者庁のキッチン」(外部サイトへリンク)
  4. 応募により提供された個人情報については、本コンテストの業務以外には使用しません。

お問い合わせ

環境エネルギー部循環型社会推進課リサイクル・環境産業担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2302

ファックス番号:023-625-7991