更新日:2021年1月29日

ここから本文です。

堅磐橋

堅磐橋の写真1

昔の賑わいは夢の彼方に「川口の眼鏡橋」 堅磐橋(上山市)

『堅磐橋』は、初代県令・三島通庸の土木事業の一環で構築されたもので、この二連のアーチ型の石橋は「川口の眼鏡橋」と称された。石橋の出来ばえが見事であったために、竣工した当時は見物人で賑わい、橋の袂には茶屋もできたと言う。
現在は旧道となっており、公道から外れて、国道13号線の脇に保存されている。

あらまし

堅磐橋の写真2(JPG:77KB)

堅磐橋は、上山市川口の前川に架かる西洋風の二連のアーチ型石橋で、1878年(明治11)1月に着工し、3月に竣工した。
全長14.3メートル、幅員6.6メートルで、アーチの高さは3.1メートル、川床部径は5.6メートルである。
中央橋脚の基底部には、立派な水切りが設置されている。
石材は、前川上流山手の採石場と、前川から採取された凝灰岩で、天保元年(1830)の洪水で流れ着いた石を使用したとも言われている。
1975年(昭和50)7月、上山市指定文化財に登録された。

堅磐橋、上流側の写真(JPG:99KB)

堅磐橋、上流側

堅磐橋と国道13号線(右)の写真(JPG:80KB)

堅磐橋と国道13号線(右)

堅磐橋の親柱と欄干の写真(JPG:95KB)

堅磐橋の親柱と欄干

遺産データ

堅磐橋の地図山形県上山市大字川口字川原
問合せ先:023-672-1111 上山市観光課(代表)

  • 名称:堅磐橋(かきわばし)
  • 竣工年:1878年(明治11)
  • 所有者:上山市
  • 設計者:三島通庸
  • 施工者:三島通庸
  • 構造:石造
  • 指定:上山市指定文化財

ページの先頭へ戻る

山形県の近代化産業遺産群のトップへ

お問い合わせ

産業労働部商工産業政策課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3421

ファックス番号:023-630-2128