更新日:2024年6月27日

ここから本文です。

B型・C型肝炎について

肝炎ってどんな病気?

肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される病気です。原因は、ウイルス、アルコール、自己免疫等があります。日本においては、B型肝炎ウイルスあるいはC型肝炎ウイルス感染による肝炎がその多くを占めています。

中には、肝硬変や肝がんを発症する人もおり、日本の肝がん患者の約80%はB型・C型肝炎ウイルス感染者といわれています。

 

感染者はどのくらい?

B型肝炎:110万~120万人

C型肝炎:90万~130万人

つまり、国内では約50人に1人が感染しており、国内最大級の感染症といえます。

感染経路は?

B型肝炎:性行為、輸血、臓器移植、刺青、針刺し事故、母子感染等

C型肝炎:輸血、臓器移植、刺青、針刺し事故、母子感染等

症状は?

全身倦怠感、疲れやすい、食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱など。

症状を自覚しにくいことも肝炎の特徴であり、気づかぬうちに悪化することもあります。

肝炎ウイルス検査を実施しています。

肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査で分かります。採血してからB型肝炎は1週間後、C型肝炎は2週間後に検査結果を知ることができます。

正しい検査結果を得るためには、感染したと思われる時期から、B型肝炎は3か月、C型肝炎は6か月以上経過している必要があります。

検査を受けたほうがいい方

これまでにB型、C型肝炎ウイルスの検査を受けたことがない方

ご家族にB型、C型肝炎ウイルスに感染している方、肝がんの患者さんがいる方

健康診断等で肝機能の異常を指摘されたが、まだ医療機関を受診していない方

母子感染予防策が実施されていなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた方

輸血や大きな手術を受けた方

刺青(タトゥー)を入れた方、医療機関以外でピアスの穴をあけた方

集団予防接種の際に注射器の連続使用が行われた場合

(国は予防接種実施規則により、昭和33年に注射針について、昭和63年に注射筒について、被接種者ごとに取り換えることを定めています。)

 

お問い合わせ

村山総合支庁保健福祉環境部保健企画課 

住所:〒990-0031 山形市十日町一丁目6-6

電話番号:023-627-1100(総合案内)

ファックス番号:023-627-1126

村山総合支庁保健福祉環境部保健企画課感染症対策室

住所:〒990-0031 山形市十日町一丁目6-6

電話番号:023‐627‐1117

ファックス番号:023‐627‐1126