ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > リサイクル > 瓦リサイクル情報サイト

瓦リサイクル情報サイト


 
ページ内ジャンプ
県内の瓦の状況製品の特徴目標瓦リサイクルシンポジウムを開催しました 関連リンク
瓦リサイクル情報瓦リサイクル推進の手引き施工事例集瓦リサイクル舗装を施工しました! 
 
 

新着情報

瓦のリサイクルについて

「瓦」
 
音や暑さを防ぐのに優れ、とても長持ちすることから、
日本では、古来から屋根の材料として広く使われています。
 
では、使い終わったあとの瓦はどうなるのか、みなさんご存知ですか?
 
全国的に多くの使用済みの瓦が、埋立地にゴミとして捨てられています。
 
使用済みの瓦も、適切に加工すれば資源として生まれ変わることが出来ます。
瓦をリサイクルして出来た砂利や砂は、保水性・透水性に優れ、色々な分野において、安価な資材として活用することが可能です。
 
県では、ごみの発生を限りなく少なくする「ごみゼロやまがた」の実現にむけて、瓦のリサイクルを推進しています。
 
このページでは、瓦のリサイクルに関する様々な情報をご紹介します。
瓦(砂利)瓦(砂)瓦リサイクルの画像
 
写真は、左から瓦破砕物(砂利)、瓦破砕物(砂)、瓦リサイクル製品の利用状況です。
右の写真では、砂利、苔の定植用の砂、コンクリートブロックの骨材、レンガブロックの原料に瓦を利用しています。
 
※このページにおける瓦は「陶器瓦」のことをいいます。

県内の瓦の状況

 

庄内地域は、風が強く、積雪が少なく、海に近いことから、強風対策、防火、防錆にメリットがある瓦が多く使われています。

内陸部での瓦の使用は少なく、県内で発生する使用済み瓦のほとんどが庄内地域で発生しています。

 

県内における使用済み瓦の年間発生量:17,000トン

 

かつては「庄内瓦」が製造されており、最盛期には12社で製造していましたが、昭和60年に製造が終了しています。

現在は愛知県産の「三州瓦」が多く使われています。

 

瓦リサイクル製品の特徴 

 瓦を破砕してリサイクルした砂、砂利には以下のような特徴があります。

  • 保水性に優れることから、ヒートアイランドの抑制や植物の生育促進の効果があります。
  • 透水性が高いことから、疎水材、透水性舗装などの用途に活用できます。
  • 瓦の色彩(赤褐色)をデザインに活かすことができます。

 

目標

 

「県内で発生した使用済み瓦の全てが資源として適正に利用されること」

を目標とし、そのために

「瓦を排出する人」、「瓦をリサイクルする人」、「瓦リサイクル製品を利用する人」がそれぞれの役割を果たす資源循環システムの確立を目指します。

 

瓦リサイクル情報

 瓦リサイクル推進の手引き

瓦のリサイクル事例やリサイクルの留意点を取りまとめました。

 

瓦リサイクル推進の手引き(PDFファイル1.0MB)

 

【主な内容】

  • 背景
  • 瓦破砕物の物理的性状
  • 代表的なリサイクル用途と施工例
  • 瓦のリサイクル実施に係る留意点(ポイント、品質、法令等)

 

施工事例集

県内における瓦のリサイクルの施工事例をご紹介します。

 

掲載をご希望の方は、下記の施工事例様式に記入のうえ、ページ下部の「お問合せ先」まで電子メールでお送りください。

みなさまからの情報をお待ちしております。

 

施工事例様式と記載例(zipファイル_エクセルファイル15kB) 

 

1 被覆材

 

2 表層の舗装材(骨材)

 

3 管の保護材

施工事例を募集していますす。情報をお寄せください。

 

4 基盤材(遊歩道の路盤材、庭園の床材等)

施工事例を募集していますす。情報をお寄せください。

 

5 暗渠疎水材

 

※暗渠:地下に埋設された水路

  暗渠疎水材:水田や畑の暗渠に充填する材料。水を通しやすい性質をもち、暗渠疎水材の空隙を利用して水を流して給排水を行う。

 

 

瓦リサイクルシンポジウム

平成29年8月31日(木)に瓦リサイクルシンポジウムを開催しました。

 

  • プログラム

講演 瓦の物性とリサイクルについて

名古屋工業大学 准教授 上原匠 氏

講演 瓦リサイクル先進事例

(一社)瓦チップ研究会 代表理事 亀井則幸 氏

パネルディスカッション

 

詳しい内容は「瓦リサイクルシンポジウム開催結果」をご覧ください。 

瓦リサイクル舗装を施工しました!

庄内総合支庁玄関前に舗装を行いました(平成29年8月5日施工)。

実は、これは、瓦リサイクル砂と樹脂と混ぜて吹き付けしたものです。

瓦の色合いを活かした暖かみのある舗装になりました。

さらに、雨に濡れても滑りにくく、夏の照返しを和らげ、視認性(駐車禁止区域としての見分けやすさ)の向上に役立っています。

 

アスファルトと表面温度を比較したところ、最大2.1度ほど瓦の方が低いという結果が出ました。

 温度(度)
アスファルト表面49.5
瓦表面47.4
温度差2.1

(平成29年9月5日 13時30分測定) 

 ※真夏の暑い時期にはより大きな効果がでる可能性もあることから、来シーズンに再調査を予定しています。

 

 瓦舗装 庄内総合支庁玄関前に施工しました。赤茶色の自然な趣きです。温度比較 アスファルトと瓦舗装を触り比べて見ると温度の違いがわかります。

 

 

関連リンク

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年3月26日 瓦リサイクル施工事例を更新しました。

関連情報