ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > みどり自然課 > 自然環境担当 > 死亡した野生イノシシをみつけたら

死亡した野生イノシシをみつけたら

死亡した野生イノシシをみつけたら

 CSF(豚熱)は、豚やイノシシに感染する伝染病で、中部地方を中心に感染地域が拡大しています。

 このことから農林水産省は、全国で野生のイノシシにおけるCSF(豚熱)の感染確認調査を実施しています。

 死亡した野生イノシシを発見した場合は、CSF(豚熱)の検査を行う場合がありますので、最寄の総合支庁環境課または市町村まで御連絡いただきますようお願いいたします。

 

死亡した野生いのししを発見した際の連絡先

連絡先電話番号
村山総合支庁環境課023-621-8426
最上総合支庁環境課0233-29-1285
置賜総合支庁環境課0238-26-6035
庄内総合支庁環境課0235-66-4756

 

野生イノシシにおけるCSF(豚熱)の確認に伴う環境省の対応について(環境省HP)

 

CSF(豚熱)注意喚起チラシ(PDF 137KB)

 

CSF(豚熱)情報についてはこちら(農林水産省HP)

 

国内におけるCSF(豚熱)の発生についてはこちら

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 令和元年10月1日 環境省の対応及び注意喚起チラシを掲載

関連情報