ホーム > 県政情報 > 知事室 > 知事の動き > 知事のほのぼの訪問 > 令和2年度知事のほのぼの訪問(第1回)(黒塀の里山保存会)

更新日:2020年10月12日

ここから本文です。

令和2年度知事のほのぼの訪問(第1回)(黒塀の里山保存会)

令和2年度知事のほのぼの訪問(第1回)の概要(令和2年7月7日開催)

開催日時等

【とき】令和2年7月7日(火曜日)14時50分から15時30分
【ところ】旧柏倉家住宅(中山町)
【訪問先】特定非営利活動法人 黒塀の里山保存会
【出席者】理事長 佐東貞美さん、専務理事 柏倉正廣さんほか役員及び会員のみなさん
知事、中山町長、村山総合支庁長

訪問の概要

中山町の旧柏倉家住宅を会場に、特定非営利活動法人黒塀の里山保存会を訪問しました。
黒塀の里山保存会は、国指定重要文化財の「旧柏倉家住宅」や「紅花」を核として、地域の景観の保全や環境の整備に取り組んでおり、80名を超える会員が参加しています。
紅花畑での作業の様子を見学させていただき、その後、日頃の活動等についてお聞きしました。

訪問の様子

知事のほのぼの訪問の様子1 知事のほのぼの訪問の様子2

旧柏倉家住宅の前には、黒塀の里山保存会で管理している紅花畑があります。訪問の日も、紅花がきれいに咲いていました。会場に到着すると、ちょうど会員の皆さんが紅花畑で紅花摘みの作業をしていたので、最初に活動の様子を拝見させていただきました。

知事のほのぼの訪問の様子3 知事のほのぼの訪問の様子4
会場である旧柏倉家住宅は、江戸時代から明治時代にかけて、紅花栽培や金融業で栄えた豪農の屋敷で、昨年9月に国の重要文化財に指定されました。

知事のほのぼの訪問の様子5
最初に、知事から「先ほど、紅花畑で会員の皆さんが紅花摘みをしているところを見せて頂きました。「山寺と紅花」が日本遺産に認定され、また、昨年は旧柏倉家住宅が国の重要文化財に指定されたということで、素晴らしい中山町の財産、宝物だと思います。本日は皆さんの活動についてお話をお聞きするのを大変楽しみにしてまいりました。」とあいさつがありました。

知事のほのぼの訪問の様子6

佐藤町長からは「旧柏倉家住宅は3年前から町の所有となり、維持管理を進めてきたところですが、中山町紅花保存会の方々を中心に昨年12月にNPO法人黒塀の里山保存会が設立され、維持管理を担っていただいている。今後は、地域を活性化していくような活動に発展していってほしい。」とごあいさつがありました。

知事のほのぼの訪問の様子7

知事のほのぼの訪問の様子8

知事のほのぼの訪問の様子9

次に、理事長の佐東貞美さんから、「交流人口を増やしたいとの思いで設立しました。昨年12月に設立したばかりで、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、思うように進まない部分もありますが、町と一緒になって中山町の活性化につなげていきたい。」とごあいさつをいただき、続いて、専務理事の柏倉政廣さんから団体の概要と活動内容について紹介していただきました。

知事のほのぼの訪問の様子10 知事のほのぼの訪問の様子11

理事の井上節子さんからは、会場に飾られていた紅花染めの作品について説明していただきました。紅花の赤い色素は花びらから0.04%しかとれない非常に貴重なものだそうです。

知事のほのぼの訪問の様子12

知事のほのぼの訪問の様子13

知事のほのぼの訪問の様子14

最後に、中山町の案内で旧柏倉家住宅の仏間と前蔵を見学させていただきました。

知事のほのぼの訪問の様子15 知事のほのぼの訪問の様子16

(知事からひとこと)
黒塀の里山保存会の皆さん、ありがとうございました。
皆さんの日頃の活動について丁寧に御説明いただき、また、紅花畑では、会員の方々が楽しみながら活動している様子を拝見することができ、大変有意義で貴重な時間を過ごさせていただきました。旧柏倉家住宅を核とした景観の保全活動や紅花の栽培活動は、地域や中山町、そして県を元気にする素晴らしい取組みだと感じました。県としても、町と連携し、観光振興も含めた地域の活性化などに取り組んでいければと考えております。