ホーム > くらし・環境 > 衛生・動物愛護 > 動物取扱業を営む方へ

更新日:2021年11月16日

ここから本文です。

動物取扱業を営む方へ

 

 

動物取扱業の登録・届出等について 

令和2年6月1日から「【改正】動物の愛護及び管理に関する法律」が施行されました。

 改正内容には、販売場所を事業所に限定、特定動物の愛玩目的での飼養禁止等があります。

 

 また、これまで「犬」、「猫」を販売する第一種動物取扱業者に報告が義務付けられていた定期報告の対象が、「哺乳類」、「鳥類」、「爬虫類」を扱う第一種動物取扱業者(販売、貸出、展示、譲受飼養業)に拡大されました。

 ※詳細は、環境省ホームページをご確認ください。

 

 詳しくは、総合支庁生活衛生課(最上総合支庁は生活衛生室)にお問合せください。 

 ・村山総合支庁 生活衛生課 電話 023-627-1187

 ・最上総合支庁 生活衛生室 電話 0233-29-1261

 ・置賜総合支庁 生活衛生課 電話 0238-22-3750

 ・庄内総合支庁 生活衛生課 電話 0235-66-4748

 

 平成31年4月1日から、山形市が中核市に移行するのに伴い、山形市内で動物取扱業を営む場合は、山形市動物愛護センターに登録申請や届出を行うこととなります。 
 ・山形市動物愛護センター 電話023-681-1210(平成31年4月1日~)

第一種動物取扱業の登録について

 「第一種動物取扱業者」とは、反復・継続して事業者の営利を目的として営もうとする者で、「動物の愛護及び管理に関する法律」及び「山形県動物の保護及び管理に関する条例」に基づき、総合支庁生活衛生課(最上総合支庁は生活衛生室)への登録が必要です。
 

対象となる第一種動物取扱業者の具体例

 

種別 業の内容 該当する業者の例
販売

動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸入を行う業(その取次ぎ又は代理を含む)

小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖又は輸入を行う業者、露天等における販売のための動物飼養業者、飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管 保管を目的に顧客の動物を預かる業 ペットホテルの業者、美容業者(動物を預かる場合)、ペットのシッター
貸し出し 愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業 ペットレンタル業者、映画等のタレント・撮影モデル・繁殖用等の動物派遣業者
訓練 顧客の動物を預かり訓練を行う業 動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示 動物を見せる業(動物とのふれあいの提供を含む) 動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・アニマルセラピー業者(「ふれあい」を目的とする場合)
競りあっせん 動物の売買をしようとする者のあっせんを行う業 会場を設けてのペットオークション
譲受飼養 動物を譲り受けて飼養する業 老犬ホーム、老猫ホーム
 

動物取扱業の対象となる動物は、哺乳類、鳥類、爬虫類に限ります。
また、畜産農業に係るもの、試験研究用、生物学的製剤の製造などのために飼養・保管されているものは除きます。
 

 

 登録の必要書類

第一種動物取扱業を営む場合、事業所ごと、種別ごとに申請し、登録を受けることが必要です。 

登録 必要書類 様式
新規

第一種動物取扱業登録申請書

Word形式(ワード:61KB)
PDF形式(PDF:202KB)

【販売業・貸出業のみ必要】
第一種動物取扱業の実施の方法

Word形式(ワード:20KB)
PDF形式(PDF:118KB(PDF:177KB)
【犬猫の販売業のみ必要】
犬猫等健康安全計画
Word形式(ZIP:7KB)
PDF形式(PDF:73KB)
動物愛護管理法第12条第1項第1号から第7号の2までに該当しないことを示す書類 Word形式(ZIP:13KB)
PDF形式(PDF:452KB)
更新 第一種動物取扱業登録更新申請書 Word形式(ワード:61KB)
PDF形式(PDF:206KB)
変更 第一種動物取扱業変更届出書 Word形式(ワード:36KB)
PDF形式(PDF:109KB)
廃止 廃業等届出書 Word形式(ZIP:5KB)
PDF形式(PDF:79KB)

 

第一種動物取扱業者の定期報告に関わる届出様式

動物販売業者等定期報告届出書(様式第11の2) Word形式(ZIP:12KB)
PDF形式(PDF:146KB)

 ※対象となる第一種動物取扱業の形態:販売、貸出、展示、譲受飼養業

  対象動物:哺乳類、鳥類、爬虫類

 

第二種動物取扱業の届出について

 「第二種動物取扱業者」とは、営利を目的とせず飼養施設を有し一定数以上の動物の飼養を行う者で、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、平成25年9月1日から届出が必要です。

 

 

対象となる第二種動物取扱業者の具体例

業種 該当する具体的な例
譲渡 動物を保護して新たな飼養者を探す個人、団体
訓練 盲導犬、聴導犬などを飼育する団体など
展示 動物のふれあい活動を行っている公園など


※上記の例は第二種動物取扱業の届出が必要な事例の一部です。
行っている業が第二種動物取扱業に該当するかについては、各保健所に確認してください。

 

届出の必要書類

第二種動物取扱業は、飼養する場所ごとに届出が必要です。

 

届出 必要書類 様式
新規 第二種動物取扱業届出書 Word形式(ワード:56KB)
PDF形式(PDF:179KB)
【譲渡、貸出業のみ必要】
第二種動物取扱業の実施の方法
Word形式(ZIP:8KB)
PDF形式(PDF:85KB)
変更 第二種動物取扱業変更届出書 Word形式(ワード:38KB)
PDF形式(PDF:115KB)
廃止 廃業等届出書 Word形式(ZIP:8KB)
PDF形式(PDF:101KB)

 

お問い合わせ

防災くらし安心部食品安全衛生課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2677

ファックス番号:023-624-8058