ホーム > くらし・環境 > 衛生・動物愛護 > 動物愛護 > 動物愛護・狂犬病の予防 > 特定動物(危険な動物)の規制が変わりました

更新日:2021年5月27日

ここから本文です。

特定動物(危険な動物)の規制が変わりました

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、令和2年6月1日以降は、以下のようになりました。

愛玩目的での飼養等が禁止

「愛玩」を目的に、新たに特定動物の飼養・保管の許可をとることは出来ません。

令和2年5月31日までに許可を受けて飼養している個体に限り、引き続き飼養することができます。

特定動物に交雑種が追加

特定動物が交雑して生じた下記の「交雑種」は、特定動物の対象となりました。

1.「特定動物A」と種類の異なる「特定動物B」の子(交雑種)

2.「特定動物」と「非特定動物」の子(交雑種)

特定動物(PDF:624KB)←クリックするとPDFをダウンロード出来ます

特定動物とは

クマ、ニホンザル、クマタカ、マムシなど「動物の愛護及び管理に関する法律」で、人の生命、身体又は財産に被害を加える恐れがある動物として定められた動物。約650種(哺乳類、鳥類、爬虫類)が指定されています。

特定動物の詳細は、こちら(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

防災くらし安心部食品安全衛生課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2677

ファックス番号:023-624-8058