ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 弁護士相談、見守り情報、個人情報相談窓口等のお知らせ

更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

弁護士相談、見守り情報、個人情報相談窓口等のお知らせ

当センターでは、弁護士による消費生活・多重債務等の無料法律相談を行っています。ご利用ください。

  1. 弁護士による消費生活・多重債務等の無料法律相談
  2. 消費者被害から高齢者・障がい者、子どもを守る最新情報
  3. 個人情報保護法の相談窓口

1.弁護士による消費生活・多重債務等の無料法律相談

(1)相談内容

消費生活等に係る法律相談(訪問販売等の契約・サラ金・多重債務に関する事項)

(2)経費

無料

(3)開設日

令和2年度
4月8日(水曜日)、5月13日(水曜日)、6月10日(水曜日)、7月8日(水曜日)、8月5日(水曜日)、9月9日(水曜日)、10月7日(水曜日)、11月11日(水曜日)、12月9日(水曜日)、1月13日(水曜日)、2月10日(水曜日)、3月10日(水曜日)

(4)相談時間

午後2時30分から4時30分まで(予約制のため事前に申込みをお願いします。)

(5)連絡先及び場所

山形県消費生活センター
山形市松波2-8-1山形県庁2階
電話:023-624-0999/FAX:023-625-8186

ページの先頭へ戻る

2.見守り情報(高齢者・障がい者・子どものトラブル防止)

「今、どんな手口で勧誘が行われているのか」、「どんな製品事故が発生したのか」などを国民生活センターからお知らせします。

これらの情報は、高齢者・障がい者を対象としたメールマガジン「見守り新鮮情報」、子どもを対象とした「子どもサポート情報」で配信されます。

イラストを入れたリーフレット版もありますので、啓発用資料として自由に活用出来ます。

登録はこちらから。

「高齢者・障がい者・子どもを支える方へ見守り情報」へのリンク(外部サイトへのリンク)

3.個人情報保護法の相談窓口

  • この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的としています。
  • 個人情報の取り扱いについては、下記の相談窓口に相談してください。

法律の総合窓口

*法律の解釈や事業者の方からの個人情報の取扱に関するご相談

  • 山形県総務部学事文書課
    TEL:023-630-2050(直通)
    相談時間:月曜日から金曜日(年末年始、祝日を除く)午前8時30分から午後5時15分

消費者からの相談窓口

*個人情報の取扱に関し事業者と消費者の間に生じた苦情などのご相談

  • 山形県消費生活センター
    TEL:023-624-0999(直通)
    相談時間:月曜日から金曜日(年末年始、祝日を除く)午前9時から午後5時
  • 山形県庄内消費生活センター
    TEL:0235-66-5451
    相談時間:月曜日から金曜日(年末年始、祝日を除く)午前9時から午後5時
    (面談の場合は午後4時まで)
  • 山形県最上消費生活センター
    TEL:0233-29-1370
    相談時間:月曜日から金曜日(年末年始、祝日を除く)午前9時から午後5時
  • 山形県置賜消費生活センター
    TEL:0238-24-0999
    相談時間:月曜日から金曜日(年末年始、祝日を除く)午前9時から午後5時

ページの先頭へ戻る

消費生活センタートップへ

お問い合わせ

防災くらし安心部消費生活センター消費生活相談担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3239

ファックス番号:023-625-8186