ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 森林保全 > やまがた緑環境税 > やまがた緑環境の評価・検証について > 【令和3年度版】やまがた緑環境税の評価・検証について

更新日:2021年12月10日

ここから本文です。

やまがた緑環境税の評価・検証について【令和3年度版】

 やまがた緑環境税は、条例により5年を目途として、税の施行状況、社会経済情勢の変化等を勘案し、見直しを行うこととされています。前回(平成28年度)の見直しから5年が経過したことから、県では「やまがた緑環境税評価・検証委員会」を中心に協議を重ね、この度「やまがた緑環境税評価・検証について【令和3年度版】」を取りまとめました。

 ・やまがた緑環境税の評価・検証について【全部一括】(A4 45ページ)(PDF:4,649KB)

1 概要

評価・検証の必要性

やまがた緑環境税条例により、「やまがた緑環境税条例の一部を改正する条例の施行後5年を目途として、この条例の施行状況、社会経済情勢の変化等を勘案し、必要があると認めるときは、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする」こととされている。

評価・検証の状況

令和2年度より「やまがた緑環境税評価・検証委員会」にて協議を重ねました。

やまがた緑環境税評価・検証委員会

税制度のあり方

制度の継続:平成29年度から取り組んでいる基本方向は継続

 平成29年度から令和8年度までの10か年計画は継続

 (荒廃森林等の整備:11,600ha 森づくり活動等への参加者数70,000人/年)

税額・税率:現状維持

 ※ 個人:1,000円(年額)、法人:資本金等に応じ均等割の税率に100分の10を乗じて得た額(年額)

活用事業の主な変更点

 環境を重視した森林整備の推進

 ・市町村が「森林経営管理制度」に基づく経営管理権を設定する森林は、当事業の対象から除外

 ※森林経営管理制度とは(パンフレット)(PDF:1,194KB)

 自然環境保全対策の推進

 ・ニホンジカの管理体制の強化、食害等のモニタリング調査の本格実施、貴重な森林資源の更新手法の検討

 森林・自然環境学習等の推進

 ・「やまがた木育」の充実

 ※やまがた木育とは

 みどりを育む意識の醸成

 ・やまがた森の感謝祭を従来の式典型から、森林内での本格的な植栽を中心とした体験型に転換

2 やまがた緑環境税の評価・検証について

 ・概要版(A3、1ページ)(PDF:465KB) 

 ・本文(全文・章ごと)

 ・全文一括(A4 45ページ)(PDF:4,649KB)

 ・章ごと

 ・表紙、憲章、目次(PDF:1,396KB)

 ・第1 やまがた緑環境税の現行制度の概要等(PDF:680KB)

 ・第2 やまがた緑環境税を活用した取組みの成果と課題(PDF:2,130KB)

 ・第3 近年の森林・林業を取り巻く情勢の変化等(PDF:1,351KB)

 ・第4 やまがた緑環境税についての県民アンケート結果(PDF:1,484KB)

 ・第5 やまがた緑環境税評価・検証委員会における意見(PDF:598KB)

 ・第6 やまがた緑環境税と森林環境譲与税の使途の整理について(PDF:750KB)

 ・第7 令和4年度以降のやまがた緑環境税制度と活用施策のあり方(PDF:647KB)

 ・資料編 (A4 27ページ)(PDF:1,624KB) 

 

お問い合わせ

環境エネルギー部みどり自然課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2207

ファックス番号:023-625-7991