更新日:2021年5月6日

ここから本文です。

クマに関する情報

 冬眠明けのクマに注意しましょう。春は、クマが冬眠(冬ごもり)から覚め、エサを求めて行動し始めるため、遭遇の危険性が高まります。

 昨年は、クマの餌となるブナが全県で凶作となっており、クマが餌を求めて住宅地や平野部など、人の生活圏にも出没しています。目撃件数は、平成15年度以降で最も多くなっており、引き続き注意が必要です。

 お出かけの際は、行き慣れた山でもクマよけの鈴やラジオを鳴らして歩くなどの対策を万全にし、万一クマに出合ったら、背を向けずにゆっくり後退し、その場を離れてください。

 また、餌となる取り残しの果実や農作物等を撤去するとともに、餌付けとなる食品や生ごみを放置しないでください。

 クマによる人身被害の防止対策について(PDF:494KB)

 注意喚起チラシ【クマに注意!】(PDF:384KB)

昨年の人身被害の状況

  • 5月20日 長井市平山にて、置賜野川沿いの遊歩道を歩いていた男性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 8月24日 米沢市口田沢にて、イノシシ捕獲のため設置したわなを確認していた男性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 10月7日 鶴岡市白山にて、事業地敷地内で荷物を積んでいた男性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 10月11日 川西町上奥田にて、農作業中の女性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 10月26日 川西町時田にて、自宅前で落葉掃きをしていた女性がクマにおそわれ、軽傷。

一昨年の人身被害の状況

  • 7月11日 宮城県側の蔵王山御釜付近にて、県民がクマにおそわれ、重傷。
  • 7月17日 山形市蔵王上野にて、ササの葉採りをしていた男性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 9月26日 最上町大堀最上小国川で鮎釣りをしていた男性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 10月3日 小国町樋ノ沢でクルミ拾いをしていた男性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 10月17日 米沢市木和田でキノコ採りに向かう途中、男性がクマにおそわれ、軽傷。

 

お問い合わせ

環境エネルギー部みどり自然課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3042

ファックス番号:023-625-7991