ホーム > 12月は「山形県障がい者差別解消強化月間」です

更新日:2020年12月4日

ここから本文です。

12月は「山形県障がい者差別解消強化月間」です

 12月3日(木曜日)から12月9日(水曜日)までは、障害者基本法で定める「障害者週間」です。県では、障がいを理由とする差別の解消と、誰もが分け隔てなく共に生きる社会の実現に向けて、県民総参加の取組みとなるよう、障害者週間を含む12月を、「山形県障がい者差別解消強化月間」に設定し、周知啓発等を集中して実施します。

実施期間

 令和2年12月1日(火曜日)から令和2年12月31日(木曜日)まで

( 12月3日から12月9日は、障害者基本法で定める、国の障害者週間。 )

実施内容

 県では、市町村及び「山形県障がいのある人もない人も共に生きる社会づくり県民会議」(以下、「県民会議」。)構成団体と連携し、障がい者差別解消強化月間の期間中、以下の事業を行います。

1 イベントによる周知啓発

1. ジョンダナホール(県庁ロビー)での障がい者芸術作品の展示(12 月1日~15 日 県庁ロビー)
2. 心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター表彰式の開催(12 月2日 県庁ロビー)
3. 心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター優秀作品展(12 月1日~15 日 県庁ロビー、以後各総合支庁で巡回展示)
4. 障がい者施設製品の販売会【村山総合支庁】(本庁舎 火曜日、村山保健所 水曜日、北庁舎 金曜日)
5. 一歩2(いっぽいっぽ)フェスタ2020 の開催【最上総合支庁】(12 月5日~11 日 新庄市 ゆめりあ)

2 その他各種広報媒体を活用した周知啓発

1. 障がい者差別解消を周知するためのポスター提出及びリーフレット・啓発物品の配布
2. 児童向け「障がいのある人もない人も共に生きる社会を作るための手引き」の配布
3. 県の広報媒体を活用した障がい者差別解消の周知
4. 強化月間中に実施される障がい者差別解消の取組みの紹介

参考

山形県障がい者差別解消強化月間実施要綱(PDF:121KB)

「障害者週間」及び「山形県障がい者差別解消強化月間」関連行事(PDF:213KB)

知ってください「山形県障がいのある人もない人も共に生きる社会づくり条例」チラシ(PDF:737KB)

障がい者差別解消ポスター(PDF:283KB)

障がい者差別解消パンフレット(PDF:3,343KB)

児童向け「障がいのある人もない人も共に生きる社会を作るための手引き(PDF:3,532KB)

県民会議設置要綱及び構成団体名簿(PDF:369KB)

 

お問い合わせ

健康福祉部障がい福祉課障がい者活躍・賃金向上推進室

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2293 3303 2203

ファックス番号:023-630-2111

右ナビ-管理ナビ