ホーム > くらし・環境 > 社会基盤 > 道路 > 維持管理・通行規制・除雪 > 道路の汚れや破損を見つけたときは

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

道路の汚れや破損を見つけたときは

山形県が管理する道路では、日常的なパトロールを行い異常の早期発見に努めています。道路が汚れていたり、側溝や柵などの道路施設が破損していたりするのを見つけたときは、道路管理者へご連絡いただきますと早期の点検や補修につながります。情報をお寄せ下さい。

≫ 道路の通行規制や汚損、工事、除雪等に関するお問い合わせ先

代表的なものは下記の通りです。

舗装の穴や段差

道路に穴が開いていたり、段差があったりすると、事故の原因となります。発見した場合は通行規制や穴埋めを早期に実施します。

穴ぼこ1

【例】車道に空いた穴

穴ぼこ2

【対応の例】舗装の穴埋め

柵やポールの破損

道路にはガードレールや転落防止柵、視線誘導標(デリネーター)やゴム製のポールなど、様々な施設がありますが、車がぶつかるなどして破損することがあります。その場合は補修したり、新しいものに交換したりします。

柵・ポール1

【例】転落防止柵の破損

柵・ポール2

【例】視線誘導標(デリネーター)の破損

照明灯の故障

暗くなっても照明灯が点かない、明るい時間帯なのに照明灯が点いているなどの不具合がありましたらご連絡下さい。山形県が管理する道路照明等には写真のように番号が付けられていますので、番号をお伝えいただくとスムーズです。

照明灯1

【例】照明灯の例

照明灯2

【例】番号の例

落石

大雨のときや、雪融けの時期は特に落石が多く発生します。大きな落石は事故につながる危険性が高いですが、小さな落石がその前兆になることもあります。大きさに関わらず、ご連絡いただけると事故の未然防止に役立ちます。見つけた日時と、落石のおおよその大きさ(直径○○cmなど)をお伝え下さい。

落石1

【例】小さな落石

落石2

【例】大きな落石

側溝のすき間、ふたのがたつき

側溝にすき間が空いていると、つまづいたり自転車のタイヤが挟まったりする恐れがありますので、木材などですき間を埋めます。また、古くなった側溝ではふたがぐらぐらして踏むと音がしますので、新しいふたに交換します。

側溝1

【例】側溝のふたにすき間が空いている

側溝2

【対応の例】がたついたふたの交換

路面の汚れ

工事車両の通行や、大雨時に沢から土砂が流れ出ることにより路面が汚れることがあります。土砂が乾燥すると土ぼこりが発生しますので、清掃を実施しきれいにします。

汚れ1

【例】道路が泥で汚れている

汚れ2

【対応の例】路面の清掃を実施

お近くの総合支庁へ連絡をお願いします

山形県が管理する道路の点検や補修作業は、各地域の総合支庁にある道路課または道路計画課が担当しています。下記のページに連絡先を掲載しています(県以外の道路管理者の連絡先も掲載しています)。

≫ 道路の通行規制や汚損、工事、除雪等に関するお問い合わせ先

お問い合わせ

県土整備部道路保全課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2904 2604

ファックス番号:023-630-2603