ホーム > くらし・環境 > 地域づくり > 地域活性化 > つながるやまがた西置賜 “みづは”ものがたり

更新日:2021年1月28日

ここから本文です。

つながる やまがた西置賜 “みづは”ものがたり

「つながる やまがた西置賜 “みづは” ものがたり」 について

“みづは”とは水の神様のこと。

西置賜は水の集まるところです。

朝日連峰、飯豊連峰の山々を走る無数の沢水が集まり、置賜野川、置賜白川から最上川へ、また横川、玉川から荒川へと合流し、やがて日本海に注ぎます。

豊かな水の恵み、水の文化を、景観、名水、温泉、美酒、銘菓、アクティビティなどで体感してください。

水をテーマにつながる西置賜のものがたりを、「卯の花姫」がご案内します。

パンフレット表紙(PDF:5,139KB)

“みづは”ものがたり1

みずはものがたり2(PDF:3,506KB)

“みづは”ものがたり2

 

みづは表紙(PDF:1,847KB)

 “みづは”ものがたり3

 

全頁を一括して掲載しています。ブロードバンドなどの高速な環境でご利用していないと表示に時間がかかる場合があります。その場合は各ページ毎にご覧ください。

目次(各ページ毎のファイル)

みづはものがたり1

みづはものがたり2

みづはものがたり3

 

卯の花姫ものがたりの案内人:卯の花姫

前九年の役(1051~1062)で源義家に討たれた陸奥の豪族 安倍貞任の娘。

長井ダム(ながい百秋湖)の上流部にある三淵渓谷には、「卯の花姫」が身を投げて龍神となったとの伝説が残されています。また、伝統芸能の黒獅子舞は三淵から下向する龍神の化身といわれています。

お問い合わせ

置賜総合支庁総務企画部西置賜総務課 

住所:〒993-8501 長井市高野町二丁目3番1号

電話番号:0238-88-8205

ファックス番号:0238-88-5717