ホーム > 教育・文化 > 若者支援・青少年 > 青少年教育施設 > 山形県の青少年教育施設

更新日:2020年10月15日

ここから本文です。

山形県の青少年教育施設

山形県教育委員会では、青少年の健全な成長を願って青年の家と4つの少年自然の家(1分館)を設置・運営しています。

新型コロナウイルス感染症に係る青少年教育施設の対応について

県立青少年教育施設については、県内における新型コロナウイルス感染者の発生状況等を踏まえ、5月12日(火曜日)からサービスを限定して再開し、6月2日(火曜日)から一部サービス(館内泊利用等)を拡大したところです。

この度、学校の部活動が段階的に拡大していくこととなったこと等を踏まえ、6月19日(金曜日)から下記のとおり一部サービスの拡大を行うこととします。

一部サービスの拡大

  • 社会体育利用の再開(以下の留意点を守って実施する)
    • 利用受付時に、利用団体の代表者の方に対して施設の受け入れ方針・体制について説明し、ご理解いただいた上で利用を申請していただく。
    • 利用当日に、利用者の方全員の氏名、連絡先、住所、当日の体温等を書面でご提出いただく。
    • 利用の前後、入れ替え時等に、体育館の床材の特性に応じた清掃・消毒を行う。
  • 調理を要しない携帯食の再開(以下の留意点を守って実施する)
    • できるだけ個人の活動となるよう、施設の受け入れ方針・体制を構築し、ご理解いただいた上で活動していただく。
    • 十分な身体的距離を確保し、食事中以外は、常にマスクを着用する。
    • 食事中及び後片付けの際に使用するスプーン類、スポンジ、ふきん等は利用者の方にご持参いただき、盛り付けや後片付け等は各自で行う。
    • 食器等の共有や盛り付け後の食品の交換は行わない。
    • 加熱する際に使用する熱源や鍋類は通常の個数の倍程度準備し、人数に応じて時間帯を分けるなど密を避ける工夫をする。

なお、テントでの宿泊及び野外炊飯については、実施を見合わせておりますので、ご了承願います。

また、利用者の皆様には、引き続き感染防止対策(マスク着用、検温、手指消毒、身体的距離の確保等)へのご協力をお願いします。ご利用にあたっては、「実施する上での留意点(令和2年7月6日改定版)(PDF:192KB)」、「施設利用に向けた活動時の確認事項(令和2年6月19日改定版)(PDF:163KB)」をご確認くださいますようお願いします。

利用者の皆様及び関係各位には、ご不便、ご迷惑をおかけしますが、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 青少年団体や学校の自主的な研修活動、自然体験活動にぜひご活用ください。
  • 年間をとおして各種の事業を実施しております。目的にあった事業を選び、個人や家族、小グループでご参加ください。
  • 山形県の青少年教育施設では、施設の管理や研修受入等を指定管理者が行っています。

山形県青年の家のホームページはこちら(外部サイトへリンク)

山形県朝日少年自然の家のホームページはこちら(外部サイトへリンク)

山形県金峰少年自然の家のホームページはこちら(外部サイトへリンク)

山形県金峰少年自然の家海浜自然の家のホームページはこちら(外部サイトへリンク)

山形県飯豊少年自然の家のホームページはこちら(外部サイトへリンク)

山形県神室少年自然の家のホームページはこちら(外部サイトへリンク)

  • 山形県金峰少年自然の家分館である海浜自然の家の開館期間は、5月15日から10月20日までになります。

山形県青年の家

山形県少年自然の家

その他

県内の生涯学習関連施設等の検索(遊学館 生涯学習データベース)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

教育庁生涯教育・学習振興課青少年教育施設担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2831、023-630-3126

ファックス番号:023-630-2874