ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 村山総合支庁 > 村山保健企画課(医薬事室) > 精神保健・感染症対策室 > 風しんにご注意ください

風しんにご注意ください

 

 現在、関東地方を中心に風しんが流行しており、平成30年9月27日には村山地域でも感染が確認されました。

 

 妊娠20週頃までの妊婦が風しんに感染すると、赤ちゃんに白内障、難聴、心疾患などの障がいが生じる可能性があり、妊娠中の方やその周囲にいる方は、特に注意が必要です。

 

風しんとは?

  • 風しんウイルスの感染によっておこる感染症です。
  • 感染経路は飛まつ感染(唾液のしぶきなど)、接触感染です。
  • 潜伏期間は14~21日間(通常16~18日間)です。
  • 主な症状は、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどです。
  • 発疹出現の前後1週間は、他の人に感染させる可能性があります。
  • 妊娠20週までの妊婦が風しんに感染すると、赤ちゃんに難聴や白内障、心疾患などの障がいが出現する可能性があります(先天性風疹症候群)。

 

風しんの予防のために

  • 風しんを予防するためには、予防接種が有効です。定期予防接種対象者の保護者の方は、期限内の接種をお願いします(自己負担はありません)。

  【定期接種対象者】

  第1期:1歳以上2歳未満

  第2期:小学校就学前の1年間

 

  • 風しんの罹患歴やワクチン接種歴がなく、抗体価が十分であると確認されていない方は、ぜひ予防接種をご検討ください。下記の方は特にご検討ください。

  ①妊婦の周りにいる方々(夫、子どもや同居家族)

  ②妊娠を予定、希望する女性

  ③30~50歳代の男性(抗体価が低い方が2割程度存在しているとされています)

 

  ※風しんの抗体価検査、予防接種に係る費用の助成を市町村で行っています。お住まいの市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。

  ※妊娠中の女性は予防接種を受けることができません。また、接種後2か月間は妊娠を避ける必要があります。

 

医療機関の受診の際には

 発熱や発疹、リンパ節の腫れなど、風しんが疑われる症状があった場合は、事前に医療機関にそのことを電話連絡した上で、マスクを着用し、受診してください。

 

外部リンク

山形県ホームページ

厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所ホームページ

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報