ホーム > くらし・環境 > 環境・リサイクル > 環境教育 > 環境学習支援 > 若者向け環境SDGsワークショップ開催支援

更新日:2021年3月4日

ここから本文です。

若者向け環境SDGsワークショップ開催支援

県では、ゼロカーボン社会の実現に貢献できる人材の育成を図るため、山形県民CO2削減価値創出事業「やまがた太陽と森林(もり)の会」の取組みにより得られた収益を活用し、若者を対象としたワークショップの開催を支援します。

※ 山形県民CO2削減価値創出事業「やまがた太陽と森林(もり)の会」とは
県民の皆様が設置した再生可能エネルギー設備で生み出されたCO2削減量を取りまとめ、国のJ-クレジット制度を活用して環境価値として「見える化」するとともに、取引により得られた収益を県内の環境保全事業に活用するものです。詳しくは山形県民CO2削減価値創出事業「やまがた太陽と森林(もり)の会」のページをご覧ください。

支援内容

県内の高等学校、専門学校、短期大学、大学及び大学院等を対象に、講師を派遣し、『SDGs(環境分野)』、『地球温暖化』、『気候変動適応』のうち希望するテーマに応じたワークショップを開催します。なお、ワークショップには無料で参加することができます。

令和3年度事業

企画提案公募により選定された事業者が業務受託者となり、支援先の募集及び学習会の開催支援を実施します。

現在、企画提案公募への参加事業者を募集しています(令和3年3月15日(月曜日)まで)。

企画提案公募についてはこちらのページをご覧ください。

業務受託者

未定

ワークショップ申込受付期間

未定

ワークショップ概要、申込み方法等

未定

問い合わせ先

未定

過年度の支援実績

令和2年度事業

10校から申込みをいただき、令和2年10月から令和3年1月にかけて、合計13回の学習会を開催しました(業務受託者:リコージャパン株式会社山形支社)。講師として、山形大学理学部理学科教授 栗山恭直氏、SDGs for School認定エデュケーター 佐藤朋子氏、東北公益文科大学准教授 倉持一氏、東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科教授 三浦秀一氏に参加いただき、SDGsと環境保全の関わり等について学習の機会を設けました。

<支援先一覧>

  • 九里学園高等学校 プログレスコース 1年・3年(33名)
  • 県立置賜農業高等学校 食料環境課 2年・3年(11名)
  • 酒田南高等学校 観光地域創生専攻 1年・2年(15名)
  • 県立鶴岡中央高等学校 総合学科 1年次(120名)
  • 県立寒河江高等学校 1年1組(40名)
  • 県立荒砥高等学校 総合学科 1年次(21名)
  • 県立高畠高等学校 総合学科 3年次(24名)
  • 山形大学 農学部食料生命環境学科 3年・4年、農学研究科 1年・2年(20名)
  • 県立山形北高等学校 普通科 2年(73名)
  • 県立山形東高等学校 理系希望生徒 1年次(120名)

 

 

お問い合わせ

環境エネルギー部環境企画課ゼロカーボンやまがた推進室

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2336

ファックス番号:023-630-2133