ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 野生生物 > 令和3年度蔵王山系ツキノワグマ生息状況調査

更新日:2021年6月16日

ここから本文です。

令和3年度蔵王山系ツキノワグマ生息状況調査

常に変化し、不確実な生息状況を長期的にモニタリングし、生息数を推定するため、エサを利用してクマを立ち上がらせカメラで自動撮影する「カメラトラップ法」により「ツキノワグマ生息状況調査」を実施します。

令和2年度から実施しており令和3年度も引き続き蔵王山系で調査を行います。