更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

活用事業所 社会福祉法人みゆき福祉会

事業所概要

活用事業所みゆき福祉会01

所在地:999-3211 山形県上山市牧野字清水21-1
TEL:023-674-3388 FAX:023-674-3383

運営施設:

  • 特別養護老人ホームみずほの里
  • 地域密着型特別養護老人ホームひいなの里
  • 地域密着型特別養護老人ホームながすずの里

導入のきっかけ(導入前の課題)

  • ベッド・車椅子への移乗時、利用者に表皮剥離リスクなどの身体的負担がある。
  • 腰を曲げた体勢で行い、支える力が必要な移乗介助は職員側にとっても負担が大きい。

導入機器の紹介

離床アシストロボット「リショーネPlus」

活用事業所みゆき福祉会02

活用事業所みゆき福祉会03

施設内で使用している様子

活用事業所みゆき福祉会04

導入による効果

  • 導入前は週に2回程度入浴時のみの離床であった利用者が、導入後は一日3回の食事・おやつ・テレビを見るなど離床して過ごす時間が以前より多くなった。また、「笑顔が増えた」「以前は頷く程度だったのが言葉が出るようになった」などの声が家族から寄せられており、発動性の向上にもつながっている。
  • 無理に持ち上げられることなく離床できるので、利用者の身体的負担が少なくなり、皮下出血や表皮剥離等のリスクも減少した。
  • これまで職員2名で行っていた移乗介助が1名で行えるようになった(労働力50%軽減)。腰をかがめる必要がなく力も使わないため、特に手首や腰の痛みを訴えていた職員の負担が軽減した。

その他の介護ロボット活用事業所