更新日:2021年1月29日

ここから本文です。

板谷駅スイッチバック遺構

板谷駅スイッチバック遺構の写真1

吾妻山塊を越える蒸気機関車 板谷駅スイッチバック遺構(米沢市)

『板谷駅スイッチバック』は、奥羽本線の福島から米沢にいたる板谷峠にあり、明治32年に導入された鉄道施設である。
吾妻連峰を越える急峻な板谷峠は、明治期の蒸気機関車で運行するにはいささか無謀な冒険であると言われたが、スイッチバックなど当時の鉄道技術の粋を駆使してこれを克服した。

奥羽本線の開業とスイッチバック

明治期の近代化の過程において、太平洋側と日本海側の交通を鉄道で結ぶことは、地域振興と経済発展のために必要であり、また軍事面でも重要であった。
そのため、明治25年に公布された鉄道施設法の第一期線の一つとして、吾妻連峰の板谷峠を通る奥羽本線が福島・山形・秋田・青森間に計画された。
1899年(明治32)5月に開業した奥羽本線の福島・米沢間は、急峻な勾配が続く峠越えの難所で、福島側の赤岩駅、山形側の板谷駅、峠駅、大沢駅の4駅でスイッチバック施設が導入された。
その後、1992年(平成4)7月の山形新幹線開業により、奥羽本線福島・山形間が標準軌化されて、スイッチバックは廃止された。

板谷駅スイッチバック遺構の写真2(JPG:86KB)

スイッチバック遺構のスノーシェッド

板谷駅スイッチバック遺構の写真3(JPG:81KB)

古いレールを使用した小屋組

板谷駅スイッチバック遺構の写真4(JPG:84KB)

板谷駅の旧プラットホーム

板谷駅スイッチバック遺構の写真5(JPG:74KB)

「板谷駅」の駅名板

板谷駅スイッチバック遺構の写真6(JPG:93KB)

旧プラットホームから本線へ

板谷駅スイッチバック遺構の写真7(JPG:92KB)

スイッチバック、上り下りの切り替え

板谷駅スイッチバック遺構の写真8(JPG:75KB)

現在の板谷駅

板谷駅スイッチバック遺構の写真9(JPG:84KB)

現在の板谷駅のスノーシェッド

遺産データ

板谷駅スイッチバック遺構の地図山形県米沢市大字板谷

【線路内立ち入り禁止】
線路内に立ち入っての写真撮影は大変危険です。

  • 名称:板谷駅スイッチバック遺構
  • 竣工年:1899年(明治32)
  • 所有者:東日本旅客鉄道株式会社

ページの先頭へ戻る

山形県の近代化産業遺産群のトップへ

お問い合わせ

産業労働部商工産業政策課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3421

ファックス番号:023-630-2128