ホーム > くらし・環境 > 衛生・動物愛護 > 動物愛護 > 庄内保健所 > 庄内保健所 犬・ねこ譲渡について

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

庄内保健所 犬・ねこ譲渡について

山形県では、保健所や動物管理センターに収容され処分される犬・ねこを減らすために、県民の皆さんへ譲渡しております。

平成30年度1年間に山形県内で犬1頭、ねこ290頭が処分されました。

処分される犬・ねこがすこしでも減るように、地域全体でしっかりとした飼養環境をつくっていきましょう。

保健所からお譲りする犬・ねこについて

保健所には子犬が保護されることはあまりありません。ほとんどが成犬です。

運動障害など軽い病気の犬・ねこの譲り受けを希望される場合は、飼養経験・飼養知識などによって個別に判断させていただきます。

保健所の犬・ねこをあなたの家族としてむかえるまで

  1. 犬・ねこ譲渡前講習会を受けます(必須
    ※ 県内の保健所で開催する講習を必ず受けてください。
  2. 譲受申込書を保健所に提出
    譲受希望者の名簿に登録されます。
    希望する犬・ねこが見つかった場合に連絡をします。
    (登録の早い方から)。
  3. マッチング
    犬・ねこと御対面です。譲り受けることを決めます。
  4. 誓約書を提出します
    誓約書に書いてある内容を守ることを約束します。
  5. 譲渡
    今日から家族の一員です。かわいがってあげてください。

庄内保健所 令和2年度犬・ねこ譲渡前講習会 日程

※現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、個別開催を行っております。
受講希望される方は下記の連絡先までお電話下さい。

≪内容≫ ※内容は変わる場合があります

  • 県内の犬・ねこの飼養状況について
  • 飼い方について
  • 病気について
  • 譲渡について 他

お譲りするときのお願い(犬・ねこ共通)

譲り受けた犬・ねこは、他人に迷惑をかけないようにルールを守って、最後まで大切にかわいがって育ててください。

  • 譲り受ける犬・ねこにかかる諸経費は、飼い主になる方の負担となること。
  • 病気になった時は、病院で治療を受けさせること。
  • 譲り受けてから分かった問題などについては、飼い主になる方の責任で対応いただくこと。
  • 譲り受けた犬・ねこは決して販売など営利目的に使用しないこと。

犬を譲り受ける方へお願い

  • 市町村への登録と狂犬病予防注射(年1回)を必ず行うこと。
  • 犬鑑札と注射済票は、必ず首輪につけること。

注射済み票画像
(狂犬病予防注射済票)

鑑札票画像
(鑑札)

  • 犬の放し飼いは絶対しないこと。
  • 屋外で飼う場合には、つないで飼うこと。
  • 屋内で飼う場合には、玄関などから飛び出さないようにすること。

猫を譲り受ける方へ (お願い)

  • 去勢・不妊手術を受けること。
  • 交通事故やねこ同士のけんかによる怪我、ウイルス感染症などの病気からねこを守るため、室内で飼うこと。
  • 必ず迷子札をつけること。迷子札には、飼い主の住所、氏名、電話番号などを記入する。

詳細は、庄内保健所にお問い合わせください。

お問い合わせ

庄内総合支庁保健福祉環境部生活衛生課 

住所:〒997-1392 東田川郡三川町大字横山字袖東19-1

電話番号:0235-66-4934 4748 5666

ファックス番号:0235-66-5486