更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

羽源記 巻一~十六

羽黒山の住僧健元院信弁が寛永・明暦(1624~57)の頃、古老を訪ね、その体験談を基に戦記物語『奥羽越戦記』10巻を著し、これが後補されて20巻の『羽源記』になったもので、最上氏関係の重要資料である。天保14(1843)年の成立。

山形県立図書館本は、本来(購入時)、20巻本(10冊)であったが、現在は9・10巻と17~20巻を欠いている。(解説:山形大学人文学部教授松尾剛次氏)

※本文は見開き2ページで1ファイルになっています(PDFファイル)。1ファイルのサイズは約300KB~600KBです。

巻一・二

 

巻三・四

巻五・六

巻七・八

巻十一・十二

巻十三・十四

巻十五・十六

お問い合わせ

教育庁県立図書館 

住所:〒990-0041 山形市緑町1-2-36

電話番号:023-631-2523

ファックス番号:023-625-6520