ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 感染症対策・難病支援 > 難病支援 > 山形県難病指定医・協力難病指定医研修について

更新日:2020年10月14日

ここから本文です。

山形県難病指定医・協力難病指定医研修について

難病指定医及び協力難病指定医の指定に係る研修について

山形県では、難病指定医及び協力難病指定医の指定に係る研修をWeb研修として行います。

次の方は、本研修を受講のうえ、指定申請又は更新申請の手続きを行ってください。

  • (1)山形県に難病指定医の指定申請をされる方で厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の資格を有していない方
  • (2)山形県に協力難病指定医の指定申請をされる方
  • (3)山形県に難病指定医の更新申請をされる方で厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の資格を有していない方
  • (4)山形県に協力難病指定医の更新申請をされる方

研修フロー図

1 目的

難病指定医、協力難病指定医の指定を受けようとする者、又は更新を受けようとする者が、難病の医療費助成制度の理解を深め、臨床調査個人票の作成のために必要な一般的知識及び専門的知識を習得することを目的とする。

2 対象者

山形県を主たる勤務地(主として指定難病の診断を行う医療機関の所在地をいう。)とする医師であって、以下の(1)から(4)のいずれかに該当する者

  • (1)専門医の資格を有していない医師で、新たに「難病指定医」の指定を受けようとする者(診断又は治療に5年以上従事した経験を有すること。)
  • (2)新たに「協力難病指定医」の指定を受けようとする者(診断又は治療に5年以上従事した経験を有すること。)
  • (3)専門医の資格を有していない医師で、「難病指定医」の指定の更新を受けようとする者
  • (4)「協力難病指定医」の指定の更新を受けようとする者

3 研修の内容

  • (1)難病の医療費助成制度について
  • (2)難病の医療費助成に係る実務について
  • (3)医療費助成制度における診断基準、重症度分類、臨床調査個人票等について他

4 研修の手順

上記3について、以下の(1)から(6)の順に受講(読了)してください。最後に(7)の研修履修証明用確認シートを記入、(8)により内容を確認してください。

本研修は、「難病指定医研修」と「協力難病指定医研修」を兼ねています。受講する研修によって、研修履修証明用確認シートの設問が異なりますので御注意ください。
難病指定医研修:(1)~(6)必須
協力難病指定医研修:(1)~(5)必須

  • (1)難病対策の概説(日医総研ワーキングペーパー)
    公益社団法人日本医師会総合政策研究機構ホームページに掲載されておりますので、ダウンロードしてお読みください。
    日医総研ワーキングペーパー(外部サイトへリンク)
  • (2)難病の医療費助成制度について
    難病の医療費助成制度の概要について、次の資料をお読みください。
    難病の医療費助成制度について(PDF:204KB)
  • (3)難病指定医に係る事務手続き等について
    難病の医療費助成制度における指定医の役割や指定医に係る事務手続き等について、次の資料をお読みください。
    難病指定医に係る事務手続き等について(PDF:159KB)
  • (4)医療費助成制度における診断基準等について
    指定難病の概要、診断基準、重症度分類、臨床調査個人票等について、厚生労働省のホームページに掲載されておりますので、ダウンロードしてお読みください。
    厚生労働省「指定難病」(外部サイトへリンク)
  • (5)臨床調査個人票の作成について
    臨床調査個人票の作成にあたっての留意事項等について、次の資料をお読みください。
    臨床調査個人票の作成について(PDF:297KB)
  • (6)代表的な疾病について(Q&A含む)【難病指定医研修必須】
    代表的な疾病(パーキンソン病・全身性エリテマトーデス・潰瘍性大腸炎)について、臨床調査個人票の作成にあたり御留意いただきたいことを記載しています。
    また、臨床調査個人票作成にあたり、指定医からよくある質問についてまとめています。難病指定医の指定を受けようする方は必ずお読みください。
    協力難病指定医の指定を受けようとする方は、参考として御一読ください。
    代表的な疾病について(Q&Aを含む)(PDF:581KB)
  • (7)研修履修証明用確認シートの記入
    前記の(1)から(6)まで受講が終わりましたら、研修は終了となります。
    研修履修証明用確認シート(PDF:128KB)を御記入ください。
  • (8)研修履修証明用確認シートの内容確認
    研修履修証明用確認シートに御記入いただいた内容について、次の点を必ず御確認ください。
    • 研修履修証明用確認シート中の「研修受講の確認の(1)」について、①から⑦まで(協力難病指定医は①から⑥まで)のすべてにチェック又は記載があるか。
      ※チェック漏れや記載漏れがある場合は、研修修了と認定できません。
    • 研修履修証明用確認シート中の「研修受講の確認の(2)」について、問1から問9まで(協力難病指定医は問1から問8まで)までがすべて正解であるか。
      研修履修証明用確認シート(解答編)はこちら(PDF:133KB)から。
      ※不正解がある場合は、もう一度研修資料をお読みいただき、内容を御理解いただいたうえで、研修履修証明用確認シートを訂正してください。
      ※不正解や記載漏れがある場合は、研修修了と認定できません。

5 難病指定医・協力難病指定医の新規指定申請を行う場合

  • (1)本研修を受講した医師で、新規指定申請を行う方は、以下の書類により難病指定医または協力難病指定医の指定申請を行ってください。
  • (2)県で受理後、研修を修了したと認められるときは、修了証書及び指定通知書を送付します。
    なお、指定年月日は、原則として、指定を決定した日の属する日の翌月1日となります。
  • (4)県が指定医の指定をしたときは、山形県のホームページで公表します。

6 難病指定医・協力難病指定医の指定更新申請を行う場合

  • (1)本研修を受講した医師で、指定更新申請を行う方は、以下の書類により難病指定医または協力難病指定医の指定申請を行ってください。
  • (2)県で受理後、研修を修了したと認められるときは、修了証書及び指定通知書を送付します。

7 研修受講上の注意事項

  • (1)本研修は、山形県難病指定医及び協力難病指定医の指定を受けるため又は更新を受けるために、山形県を主たる勤務地とする医師を対象に実施するものであり、他の自治体の難病指定医の申請には利用できません。
  • (2)研修履修証明用確認シートの提出を受け、研修修了の判断を山形県が行います。研修履修証明用確認シートの各チェック欄へのチェック(記載)がない場合、質問に不正解・無回答であった場合、難病指定医研修受講者が4の(1)~(6)を、協力難病指定医研修受講者が4の(1)~(5)を読了していない場合は、研修を修了したとは認められません。
  • (3)指定医区分の変更を希望する場合は、指定申請とともに既に指定されている指定医の辞退届が必要となります。(指定の更新に合わせて指定医区分を変更する場合を除く。)

8 申請書類の提出先

山形県健康福祉部障がい福祉課難病対策担当
〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号
電話番号 023-630-3296・2330
FAX番号 023-630-2111

お問い合わせ

健康福祉部障がい福祉課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2330

ファックス番号:023-630-2111