更新日:2020年10月5日

ここから本文です。

月光川ダム

概要

「出羽富士」とも呼ばれている、秀峰・鳥海山(外部サイトへリンク)にその源を発し、急峻な地形を一気に流下し、吹浦にて日本海に注ぐ月光川は、遊佐町のほとんどを流域とし、町の産業を支え、文化を営んできています。一方、流路短く、急匂配のため、この河川の流域は、過去に数多く大水害を被り、特に昭和33年の豪雨では各地において溢流氾濫する大水害となりました。これらを背景に、月光川ダムは、県内で初めて治水のみを目的とする「治水ダム」として建設され、昭和53年度に完成しました。また、洪水調節方式は、県内初めての自然調節、ダム型式はコンクリート部とロックフィル部からなる複合ダムと先人の工夫が感じられるダムです。ダム地点での、鳥海山(外部サイトへリンク)が眼前に迫る光景は雄大です。


月光川ダム全体写真

諸元

ダム名 月光川 位置 遊佐町 目的 治・発 かんがい 補給内容 -
貯水池 流域面積 27.6平方キロメートル ダム 形式 重力式コンクリート
表面遮水式ロックフィル
補給面積 -
湛水面積 0.146平方キロメートル 高さ 48.0m 発電 最大発電力 570kw
総貯水量 1,780千立方メートル 堤頂長 205.0m 常時発電力 77kw
有効貯水量 1,670千立方メートル 治水 計画高水量 470立方メートル/s 都水 給水区域 -
洪水調節量 1,670千立方メートル 計画放流量 370立方メートル/s 給水量 -
利水容量 -千立方メートル 調節流量 100立方メートルs 施工期間 S47~S53年度

月光川ダム流量配分図

見学案内と周辺情報

パンフレット

ライブカメラ

月光川ダムのライブカメラを見たい方はこちらから。

リンク先:山形県河川砂防情報システム ≫ カメラ映像

ダムの問い合わせ先

庄内総合支庁建設部 河川砂防課

(TEL)0235-66-5634

お問い合わせ

県土整備部河川課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2616

ファックス番号:023-625-3866