更新日:2020年10月5日

ここから本文です。

田沢川ダム

概要

最上川水系田沢川は、大森山に源を発し、酒田市(旧平田町)を西流し、相沢川に合流する流域面積83.0km2、流路延長17.0kmの河川です。沿川流域は急流のため古くからたびたび洪水の被害を受けており、特に昭和46年7月の豪雨出水の被害は甚大なものでした。また、田沢川は酒田市(旧平田町、旧松山町)の耕地等に対する水源として利用されていますが、相次ぐ渇水により、取水に困難をきたし、さらに酒田市街地への人口集中が進み、水道用水の需要の急増が予想され、新たな水源を確保する必要が出てきました。
このような状況の中で、田沢川ダムは昭和52年から県単独費で予備調査、昭和56年度から実施計画調査を行い、昭和61年度から建設に着工した多目的ダムで、ダム地点における計画高水流量250m3/sを50m3/sに調節することで洪水による被害を防ぎ、また、水道用水を確保するダムとして平成13年度に完成しました。

試験湛水中の田沢川ダム(平成12年12月)

諸元

ダム名 田沢川 位置 酒田市 目的 治・上水 かんがい 補給内容
貯水池 流域面積 23.2平方キロメートル ダム 形式 重力式コンクリート 補給面積 585ha
湛水面積 0.35平方キロメートル 高さ 81.0m 発電 最大発電力 490kw
総貯水量 9,100千立方メートル 堤頂長 185.0m 常時発電力 55kw
有効貯水量 7,900千立方メートル 治水 計画高水量 250立方メートル/s 都水 給水区域 酒田市(旧松山町、
旧平田町含む)
洪水調節量 3,100千立方メートル 計画放流量 50立方メートル/s 給水量 33,700
立方メートル/日
利水容量 4,800千立方メートル 調節流量 200立方メートル/s 施工期間 S61~H13年度

田沢川ダム流量配分図

見学案内と周辺情報

パンフレット

ライブカメラ

田沢川ダムのライブカメラを見たい方はこちらから。

リンク先:山形県河川砂防情報システム ≫ カメラ映像

ダムの問い合わせ先

庄内総合支庁建設部 庄内河川砂防課

(TEL)0235-66-5634

お問い合わせ

県土整備部河川課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2616

ファックス番号:023-625-3866