ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農山漁村振興 > 中山間地域等直接支払制度

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

中山間地域等直接支払制度

中山間地域で取り組んでいる農業生産活動は、洪水や土砂崩れを防ぐ、美しい風景や生き物のすみかを守るといった広く国民全体に及ぶ効果をもたらすものです。一方、中山間地域は、人口減少、少子高齢化の進展、農業の不利な生産条件から農業を続けることが困難となり荒廃農地化が進んでいます。

中山間地域等直接支払制度では、このような農業の生産条件が不利な地域において、農業生産活動を持続可能なものにするため、国及び地方自治体による支援を行っています。

中山間地域等直接支払制度の実施状況について

山形県では、第1期対策(H12~H16)、第2期対策(H17~H21)、第3期対策(H22~H26)を実施し、平成27年度より第4期対策(H27~H31)として実施しております。

毎年、中山間地域等直接支払制度の実施状況について、最新の情報を公表しております。

制度の内容については、農林水産省のホームページにより公開されています。

令和元年度の実施状況

  1. 概要
    • (1)実施市町村数 : 34 (対象農用地のある34市町村全てで実施。三川町は対象外)
    • (2)協定数 : 493
    • (3)取組面積 : 8,516 ha
    • (4)交付総額 : 12.3億円
  2. 令和元年度の実施状況(PDF:444KB)

過去の実施状況

第4期対策の中間年評価

平成29年度に第4期対策(H27~H31)の中間年評価として、第三者機関において検討し評価を行いました。

  1. 交付金交付の評価について(PDF:352KB)
  2. 交付金制度の評価について(PDF:600KB)
  3. 中間年評価の目的と方法、全国の中間年評価の結果についてはこちらか【農林水産省HPへリンク】(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

農林水産部農村計画課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2496

ファックス番号:023-630-2509