ホーム > 組織で探す > 県土整備部 > 河川課 > ダム管理 > 山形県のダムマップ > 蔵王ダム

蔵王ダム

概要

 馬見ヶ崎川は、蔵王山系に源を発し、県都山形市を貫流し須川に合流します。河川公園の整備や「日本一の芋煮会」をはじめとする各種イベント等とあいまって、広く市民に親しまれています。
 蔵王ダムは、その上流、山形市大字上宝沢に治水及び山形市の水道用水、および不特定かんがい用水の補給を目的として建設され、昭和45年3月に完成しました。ダム天端高は標高604mの高さにあり、全国でも有数の高地にあるダムです。また、ダム型式は中空重力式コンクリートダムで、内部が空洞になっているダムです。この型式のダムは全国でも13ダムと希少なものです。そのうち、県内には蔵王ダム、木地山ダムの2ダムが存在します。
 

蔵王ダム全体写真

 

諸元

ダム名蔵王位置山形市目的治・水道


補給内容




流域面積21.0km2

型式中空重力式
コンクリート
補給面積―ha
湛水面積0.24km2高さ66.0m
最大発電力―kw
総貯水量7,300千m3堤頂長273.8m常時発電力―kw
有効貯水量5,200千m3

計画高水量385m3/s
給水区域山形市
洪水調節量2,100千m3計画放流量100m3/s給水量30,000m3/日
利水容量5,200千m3調節流量285m3/s施工期間S41~S44年度

 

蔵王ダム流量配分図

 

見学案内と周辺情報

蔵王ダムの見学案内と周辺情報(PDF:847KB)

 

パンフレット

蔵王ダムパンフレット(PDF:1.39MB)

 

ライブカメラ

蔵王ダムライブカメラ

蔵王ダムのライブカメラを見たい方はこちらから。

リンク先:山形県河川砂防情報システム ≫ カメラ映像

 

蔵王ダム内部動画

蔵王ダムの内部を動画で紹介します

   蔵王ダムの内部を動画で紹介しています。ぜひご覧ください。

ダムの問い合わせ先

村山総合支庁建設部 山形統合ダム管理課

(TEL)023-631-3526

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年2月22日更新
  • 令和2年2月18日「ダム見学案内と周辺情報」更新

関連情報