更新日:2021年5月13日

ここから本文です。

第19回山形県科学技術奨励賞の受賞者について

この知事表彰は、科学技術に関して優れた研究成果をあげた県内の若手研究者を表彰し、研究意欲の向上を図るとともに、将来の研究者の確保に資することを目的としています。令和2年度で19回目を迎え、今年は2名の研究者が受賞されました。受賞者には、表彰状と副賞(記念品及び研究奨励金)が授与されます。
なお、授与式は令和3年3月25日に開催を予定しておりましたが、3月22日に新型コロナウイルス感染症に係る山形県・山形市共同の緊急事態宣言が発出されたことに鑑み、開催を見合わせることなりました。

受賞者

氏名:江目 宏樹(ごうのめ ひろき)氏

所属:山形大学学術研究院 助教

業績:「散乱性媒体によるふく射伝熱制御に関する研究」

散乱性媒体によるふく射輸送について理論解析を行い、粒子の材料等がスペクトル反射率に与える影響を明らかにするなどの成果を挙げている。置賜広域行政事務組合消防本部との共同研究や山形鋳物への技術応用など県内産業への貢献を行っており、今後も活躍が期待される。

受賞者

氏名:小松 智彦(こまつ ともひこ)氏

所属:山形県農業総合研究センター 専門研究員

業績:「黒毛和種牛肉の食味成分に関する研究と種雄牛選抜への応用」

黒毛和種牛肉の新たな食味指標として、牛肉中のイノシン酸等の重要性を見出し、食味に優れた能力を持つ新規種雄牛の選抜への貢献などの成果を挙げている。今後も山形県の畜産の発展に寄与することが期待される。

 

記念品について

  • レリーフはブロンズ製、楯は金山杉製。
  • 本県若手研究者の『いぶき』を象徴する賞にふさわしく、「いぶき」をイメージしたもの。中央部は、未来を切り開く「知」の核を抱きそこから溢れ出る「エネルギー」を表現し、上部は、未来に向かって伸びていく力強さを表現している。

奨励賞の記念品の写真

デザイン:東北芸術工科大学 黒田良行氏

製作:(有)たくみまさの、佐野屋鋳金工芸

お問い合わせ

産業労働部工業戦略技術振興課科学技術振興担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2192

ファックス番号:023-630-2695