ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 注意喚起情報 > 災害に便乗した悪質商法等にご注意ください(令和2年7月豪雨関連)

更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

災害に便乗した悪質商法等にご注意ください(令和2年7月豪雨関連)

このたびの豪雨により被災された県民の皆様に心からお見舞い申し上げます。
災害発生時には、災害に便乗した悪質商法が発生する傾向にあります。
また、生活再建等に当たって、住宅の修理・リフォームや賃貸借契約、架空請求・不審な勧誘、保険などの消費者トラブルにご注意ください。

不審な電話や訪問を受けた場合は、きっぱりと断るとともに、困ったときにはひとりで悩まず、「給付金・豪雨関連消費者ホットライン」または「消費者ホットライン188」(局番なしの3桁番号188で身近な消費生活相談窓口につながります。)にお電話ください。

給付金・豪雨関連消費者ホットライン

新型コロナウイルス関連の給付金や助成金の給付・令和2年7月豪雨に便乗した消費者トラブルや悪質商法についての相談を受け付ける専用ダイヤルです。

電話番号:0120-213-188
相談受付時間:10時~16時(土日祝日含む)
※「050」から始まるIP電話からは掛けることができません。
※お掛け間違いにご注意ください。

お問い合わせ

防災くらし安心部消費生活センター消費生活相談担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3239

ファックス番号:023-625-8186

右ナビ-管理ナビ