ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 注意喚起情報 > 過去の注意喚起情報(県独自) > 『催眠商法(SF商法)』に気を付けましょう!

更新日:2021年3月19日

ここから本文です。

『催眠商法(SF商法)』に気を付けましょう!

催眠商法とは

閉め切った会場に人を集め、日用品などをタダ同然で配って雰囲気を盛り上げた後、冷静な判断ができなくなった来場者に高額な健康器具や健康食品(サプリメント)、布団類などを契約させる手口です。

主に高齢者の皆さんが狙われています。

この手口に遭い、商品を購入し続けた結果、老後のための貯蓄を取り崩したり、保険を解約する状況になるまで追い込まれたりしている例がみられます。

主な集客方法

広告チラシ等で「先着○名様に卵を50円で販売」「洗剤無料引換券プレゼント」などと宣伝し、客を集めます。

主な集客場所

スーパーの敷地、空き倉庫、閉店したドラッグストアやコンビニ等の空き店舗のほか、公民館等で開催されている事例もあります。

トラブル回避策

  • チラシ等の「格安」「無料」「プレゼント」という誘い文句につられて会場に近づかないようにしましょう。
  • 「高額商品の販売が真の目的」と認識し、不要な商品の購入はきっぱり断りましょう。
  • 離れて住むご高齢のご両親など、身の回りの方がトラブルに遭っていないか目を配りましょう。

 

お問い合わせ

防災くらし安心部消費生活センター 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3239

ファックス番号:023-625-8186